サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 私欲に利用される「テロリスト」警察vs成...
ニュース
加速するメガ空港の地盤沈下

私欲に利用される「テロリスト」警察vs成田空港のつばぜり合い

+お気に入りに追加
1002_naritaairport.jpg

 民間スパイをカネで操り、自らも危ない橋を渡りながら外国人テロリスト相手に情報戦を繰り広げる、そんな公安刑事の姿を描いたNHKの人気ドラマ『外事警察』。渡部篤郎演じる刑事たちは、テロリスト「フィッシュ」の存在を最後に突き止めるが、彼らはCIA(米国中央情報局)のお墨付きのもと、米国系セキュリティー会社が日本の警備業務参入をもくろんで送り込んだ自作自演のテロリストだった……。

 実は、こんなドラマを地でいくようなマッチポンプが、日本の警察当局によって演出されている。舞台は、成田空港。いま、警備緩和を求める運営会社の成田国際空港株式会社(NAA)と、警備態勢維持を求める警察当局とが、真っ向から対立しているのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ