サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > どっからどう見ても「初音ミク」!? アキ...
ニュース
快感で"溶けてしまいそう"!?

どっからどう見ても「初音ミク」!? アキバで話題のオナホールでヌイてみた

+お気に入りに追加
1002_gps_miku.jpg
パッケージで謳われている「未来の刺激」は、実際に使った人しかわからない極上もの。ぜひ男性読者諸氏にも味わってみてほしい。

 07年に音声合成ソフトのバーチャルキャラとして誕生し、そのキュートな歌声とツインテール姿で一部の男たちを熱狂させたボーカロイド(=ボーカル・アンドロイド)「初音ミク」。現在もCDやフィギュアなど多彩なグッズ展開がなされている中、なんと今度はオナホールが発売されたとの情報をキャッチ! さっそく入手してみたところ……あれ、なんか「フューチャーロイドミクティ」って……。ニ、ニセモノ!?

 パッケージによると、ミクティとは未来からやって来たスーパーアンドロイド。運動神経が抜群で39カ国語を使いこなす上、ご主人様のために全身を使って尽くしてくれるらしい。開発経緯が気になったので、販売元のフロンティアジャパンに問い合わせてみると、「取材は受け付けておりません」とピシャリ! そこで、同製品を販売する「ラムタラエピカリアキバ」に、売れ行きなどについて聞いてみた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年6月号

“新型コロナ報道”の正しい読み方

“新型コロナ報道”の正しい読み方

緊急鼎談“感染文学”のススメ

緊急鼎談“感染文学”のススメ
    • 【石丸元章×海猫沢めろん×吉川浩満】“感染文学”のススメ

NEWS SOURCE

インタビュー

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ