サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 滝沢乃南のイメージDVDは世界初の本格的...
ニュース
Iカップに触れられる!?

滝沢乃南のイメージDVDは世界初の本格的3D映像満載!

+お気に入りに追加
0912_takizawa_re.jpg
(撮影/有高唯之)↑画像をクリックすると拡大します

 豊満なIカップで男を虜にするグラドル・滝沢乃南を、触れられるほど身近に感じたい。そんな男性諸君の願いがかなう日が近い!? なんと来年1月に発売予定の"のなみん"のイメージDVDには、従来の2D映像に加え、本格的実写3D映像が収録されているという。

 グラドルのイメージ動画に3D映像を使用する試みは世界初とのことで、撮影も想像以上に大変。これまでに20本以上のイメージ・ビデオに出演しているのなみんでも、戸惑いが多かったそう。

「普段の撮影では、カメラマンがカメラを持ちながら撮影したんです。なのに今回は、レンズが2つある大きなカメラを固定したままだったり、クレーンまで使ったりの撮影ですよ!? カメラもずっと回しっぱなしだったから、女優になった気分でしたね」

 と、撮影の戸惑いを語るのなみん。だが、そんないつもと違う状況の結果、より彼女を身近に感じられる映像ができるのだとか。

 3D映像と聞くと、画面から飛び出す映像をイメージしがちだが、実際に作品を見ると画面から映像が飛び出すだけでなく、画面の中に奥行きを感じられる映像になっている。山林や川のシーンでは、幻想的な風景に、のなみんと2人だけの世界にいるような錯覚に陥るはず。

「川で遊んでいるシーンでは、『自由に遊びなさい』ってペットを放す感じで放置されたんです。遊ぶものがなくて困りましたよ。水をカメラに飛ばしてみたり、表情もいろいろと変えたんですけど、監督から"OK!"がなかなか出なくって……大変でした」

 そんな苦労のかいもあってか、10月になって無事編集作業も終了。3D映像で画面から飛び出す自分の姿を見て、のなみんはどう思ったのだろう?

「リアル感がありすぎて、不思議な感じでしたね。それに、自分の胸だけど思わず触ってみたいと思っちゃいました」

 無論、誰もがそう思うはず! よりリアルなのなみんが感じられる新作イメージDVD、発売がいまから楽しみだ!!
(キンゾー)

たきざわ・のなみ
1985年生まれ、埼玉県出身。B95cmW59cmH85cmのIカップというグラマラスボディで、グラビア誌などで活躍中。また、08年には音楽アルバム『PEACH』をリリースしたほか、舞台や映画に出演するなど活動の幅を広げている。

『滝沢乃南 3Dイメージビデオ/タイトル未定』
滝沢乃南の最新イメージDVDは、従来の2D映像に加え、世界初となる本格的実写3D映像を収録。滝沢乃南が「まるで目の前にいるかのような」映像が体感できる。
発売/SODクリエイト 販売/ソフト・オン・デマンド 発売日/2010年1月発売予定 予定価格/4179円(税込)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』