サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 女優・穂のかを鍛えた初主演映画の舞台裏
ニュース
文化系でインドア派、なのに度胸は満点!?

女優・穂のかを鍛えた初主演映画の舞台裏

+お気に入りに追加
0911_honoka_re.jpg
20歳とは思えない目ヂカラです(撮影/有高唯之)
↑画像をクリックすると拡大します

「私、文化系に見えます?初めて言われましたよ~。でも、当たってるかも。絵を描いたり、映画見たりするの好きだし。学校帰りには必ずTSUTAYAに入り浸ってましたから」

 今年6月公開の映画『The Harimaya Bridge はりまや橋』でデビューし、あのとんねるず・石橋貴明の娘だと報じられて世間を驚かせた女優・穂のか。2作目にして初主演となる『アンを探して』で彼女が演じるのは、イラストを描くことでやっと自らの心の内を表現できる、内気なおばあちゃんっ子だ。

「私も絵を描くの好きですから。でも、杏里ちゃん(役名)ほど、おしとやかじゃないですけどね。あはは」とはにかむ笑顔は、スクリーンの中そのままの自然体だ。

 同作は、亡くなった祖母が「アン」「ギルバート」と呼び合っていた初恋相手のカナダ兵を探すために、少女が『赤毛のアン』の舞台プリンス・エドワード島を訪ねることから始まる、静かで優しい物語。主人公の少女・杏里が、島の人々との交流の中で成長していくさまが描かれるが、成長したのは杏里だけではなかったよう。

「宮平貴子監督に『異国を一人旅する映画だから、穂のかも一人でロケ地まで行けば役作りの参考になるんじゃない?』ってのせられて(笑)。もうタイヘンでした!乗り継ぎ便のトラブルで、ニューヨークに1日半足止めされて!1カ月分の大荷物を背負って空港で大泣きしちゃったんだけど、『自分でなんとかするしかないじゃん』って気づいて、あれこれ直談判したりして、どうにか前日の夕方に現地入りできたんです。それまで超温室育ちだったんですけど、強くなりましたよ~!」

 その経験は監督の思惑通り、役作りにも生かされたようで「撮影中も、杏里ちゃんはこんな言い方しないはず……とか、ちょっとでも疑問を感じたら、監督と徹底的に話し合いました。自分の中でモヤモヤしてたら、先に進めないですもんね」

「よく『度胸がある』って言われるんですが、そのへんは父の影響かも?」と、二世プレッシャーについてもサラリ。文化系なのに度胸あり、でも温室育ちで帰国子女の20歳、今後の活躍が期待されます!(オカヂマカオリ)

穂のか
1989年、東京都生まれ。とんねるず・石橋貴明の長女。日米韓合作映画『The Harimaya Bridge はりまや橋』で女優デビュー。実家には2500冊ものマンガを蔵書するほどのマンガ好きでもあり、現在は中村明日美子先生にハマリ中。

0911_anwosagashite.jpg

『アンを探して』
08年夏、プリンス・エドワード島に、亡き祖母の初恋相手であるカナダ人兵士を見つけるため杏里はやってきた。美しい島で彼女を待っていたのは、さまざまな優しい人たちとの出会いだった──。
監督/宮平貴子 出演/穂のか、ロザンナ、ダニエル・ピロン、紺野まひるほか 公開/10月31日より、シネカノン有楽町1丁目ほか全国順次 〈http://www.grandjete.jp/lookingforanne/〉
(C)2009 Zuno Films グランジュテ


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』