サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > クラブで、コスプレ・アニソンもOK D...
ニュース
みんなで楽しめる新感覚"イベント"!?

クラブで、コスプレ・アニソンもOK DENPA!!! が目指すものって!?

+お気に入りに追加
0910_DENPA.jpg

 コスプレを着て、初音ミクやアニソンのエレクトロなリミックスを、大合唱!クラブでアニソンが流れるとして人気のイベント「DENPA!!!」が、8月30日で、2周年を迎えた。イベントのコンセプトは"アニメ×ファッション×ノイズエレクトロ"。一見、相容れなさそうなコンセプトだが、イベントのたびに、会場となっている渋谷「axxcis」には開店前から行列ができるほどなのだとか。でもなぜこんなイベントを思いついたのだろう?

「まず誤解されないようにお伝えしたいのが、『DENPA!!!』はアニソンイベントではない、ということ。アニソンは曲の選択肢のひとつにしか過ぎず、コスプレもパーティーファッションの一選択肢なんです。もともとぼくらが、ファッションもノイズ系エレクトロもアニメも好きだったんですが、それら全部が深く追求していくほどに、閉鎖的で断絶してることがわかった。だからその垣根を取りたいっていうところから始まったんです」(イベント副総裁の王子氏)

 なるほど。しかし、クラブに行ったことのない人からすれば、「なんかクラブって怖い」。逆にクラブは好きだけど、「コスプレなんてやったことない!」っていう人もいるのでは?

 それについては"ミスDENPA"のまさじさんが、 「入り口はクラブだけと、中はライブハウスみたい。一緒に歌って、一緒にパフォーマンスをして、一緒に盛り上がるみたいな感覚ですよ。コスプレも、必ずしもしなきゃいけないわけじゃない。でもイベントに来たら、コスプレすればよかった! って後悔するかも!?」と、語る通りだ。イベントは一旦休止となるが、復活を待って体感してみるべし!
(大山ユースケ)

「DENPA!!!」
2007年よりスタートした、アニメ×ファッション×ノイズエレクトロが融合したクラブイベント。DJ陣もコスプレをして参戦するなど、イベントの一体感も人気の理由。ほぼ2カ月に一度のペースで開催されていたが、8月を最後に、イベントは休止。「より良いカタチで活動を行うため」、ユニットとして活動を模索していくそうだ。 公式サイト


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那