サイゾーpremium  > 連載  > 宇野常寛の「現代用語の『応用』知識」  > OL目オチャクミ科マケイヌ属「ドリカム症...
連載
宇野常寛の「現代用語の『応用』知識」第3回

OL目オチャクミ科マケイヌ属「ドリカム症候群」

+お気に入りに追加
0909_uno_ill.jpg

 先日、ある音楽誌の仕事で、「ドリカム」について対談した。あまり思い入れがないアーティストだったけれど、アルバムをまとめて聴き返してみると面白く、対談も大いに盛り上がった。そこで気になったのが、今ドリカムを聴き返すと、吉田美和の歌詞というのは、当時は気づかなかった生々しいリアリティに溢れていることだ。「忘れないで」(91年)あたりが典型例だが、とにかく初期は不倫ソングが多い。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2022年4・5月号

バーレスク東京・ももグラビア

バーレスク東京・ももグラビア

NEWS SOURCE

サイゾーパブリシティ