サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 泳げない上島竜兵が、映画でサーフィンに挑...
ニュース
リアクション芸と一発ギャグでおなじみの竜ちゃんが映画初主演!

泳げない上島竜兵が、映画でサーフィンに挑戦!

+お気に入りに追加
0905_ueshima_re.jpg

「サーフィンって、俺がいかにもやんなそうでしょ」
 ダチョウ倶楽部の上島竜兵は、自信たっぷりにそう語った。初主演映画『上島ジェーン』で、なぜサーフィンという題材を選んだのかを尋ねてのことだ。

 この映画は、後輩の有吉弘行と共にサーフィンに取り組む上島の姿を描いた"サーフドキュメンタリー"。だがもちろん、物語は一筋縄ではいかない。なかなか真剣に練習しようとしなかったり、地元のサーファーが海辺の環境保護について熱く語っているのを聞いて退屈そうにしていたり、サーフボードを壊したり……。やる気のない上島の姿をカメラがしっかり押さえている。それでも、本人にその自覚はあまりない様子。

「俺、退屈そうにしてました? 俺は俺なりに一生懸命やってるつもりだったんですけどね……」

 いくら真剣にやっていても、それがほとんど伝わらない。それどころか、その真剣さが上滑りしてしまうことも多かったという。

「俺がわざと、こういうことをやったら面白いんじゃないかな、って思って演じてみた部分については、最終的には全部カットされていました。あんまり面白くなかったんでしょうね(笑)」

 自分で狙ったアドリブはすべて空振りで、本人の意図しない素の言動がいちばん笑えるとは、さすが元祖リアクション芸人というべきか。生き様そのものをコメディに変えたという意味では、芸人・上島竜兵の魅力が詰まった映画である。この作品こそは「代表作、これと言ってなし」というギャグを持つ上島にとって、本当の意味での代表作になったのだろうか?

「そうですね、これは代表作になったと思います。完成したのを自分で見たときにも面白かったですから。サーフィンが好きな人もそうじゃない人も楽しんでもらえるんじゃないかと思います。俺は一生懸命サーフィンの練習をしたつもりなんですけど、見る方がどう思うかはわかりません(笑)」(ラリー遠田)


0905_ueshima_eiga.jpg

『上島ジェーン』
とあるサーフスポットに、1人の男がサーファーを目指し降り立った。上島竜兵48歳。職業・芸人。そんな上島の心意気を後輩芸人・有吉は感じとり、共に挑戦することに......。手探りでサーフィンを始める2人を待っていたのは、地元サーファーとのふれあいや友情、次々と巻き起こる事件と衝突、そして恋――。リアクション芸人としてリスペクトされ、舞台や執筆活動など、テレビバラエティーの枠に収まらず、その才能を発揮してきた上島竜兵が、ついに映画初主演。 "深夜番組のカリスマ"マッコイ斉藤監督の指揮のもとに挑む、サーフィンドキュメンタリー。
企画・監督/マッコイ斉藤 脚本/藤谷弥生 出演/上島竜兵、有吉弘行ほか 製作協力/太田プロダクション・SHO-GUN 製作・配給/ポニーキャニオン 5月9日よりシアターN渋谷にてレイトショー

うえしま・りゅうへい
1961年、兵庫県生まれ。肥後克広、寺門ジモンとのお笑いトリオ「ダチョウ倶楽部」の一員として活躍。自らの体を張った芸風でリアクション芸の第一人者として人気を博している。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』