サイゾーpremium  > スポーツ  > 私怨でチーム編成か!? 原ジャパンの歪ん...
読売一派が跋扈するWBC選抜

私怨でチーム編成か!? 原ジャパンの歪んだ内情

+お気に入りに追加
MEMO原ジャパン 読売巨人軍の監督・原辰徳が率いる、ワールド・ベースボール・クラシックの日本代表チーム。強化試合では西武に惨敗、巨人に辛勝するなど、WBC開幕前からその実力に疑問符がつけられていた。

 今月23日の決勝戦へ向けて、各国の代表が熱戦を繰り広げているワールド・ベースボール・クラシック(以下、WBC)。原ジャパンについては、現在のマスコミ報道で騒がれている通りだが、2月下旬の代表メンバー選考のあたりから「よくも悪くも巨人のチーム」と、関係者からの声が漏れている。

「その最たる例が人選。アストロズ・松井稼頭央やレッドソックス・岡島秀樹を招集しなかったことでもわかるように、巨人を蹴った人間には声すらかけなかった」(全国紙運動部記者)

 松井は西武からFA移籍する際、巨人からの熱心なラブコールを蹴ってメジャーに挑戦。岡島に至っては、上層部らとの確執で巨人を飛び出したことは知る人ぞ知る話。さらに、最終メンバーに残れなかった選手についても確執が絡んだようだ。

「ソフトバンクの和田毅は、早大卒業にあたって、原監督が直々にラブコールを送っていたにもかかわらずダイエー(当時)を選んだ。西武の岸孝之もそう。『WBCのボールになじめなかった』などと報じられたけど、実はメンバー入りした(同じ西武でピッチャーの)涌井秀章のほうが、球が走っていなかった。しかし結果は岸の落選。彼は、東北学院大学卒業にあたって、巨人と西武を天秤にかけて西武に入団した経緯がありますからね。昨年の日本シリーズで西武を優勝に導き、シリーズMVPを受賞した岸がWBCに出場すれば大会はもっと盛り上がっていたはずなのに、我々の間では『本当に外すのか?』『原の私怨か?』ともっぱらでしたよ」(同)

 一方、同じ西武の捕手・細川亨の落選に至っては、「巨人の先行投資の犠牲となった」(事情通)という見方も。

「右肩のケガという前提はあるものの、当初、細川を残して広島の捕手・石原慶幸が落選という話があったそうです。ですが細川が切られ、石原が代表に。一説では、『FA取得後は巨人入り』という密約が石原にあるため、原が彼を試したかったという噂ですよ」(同)

 ただ、こういった悪評はなかなか表には出ない。

「監督は現役の巨人の人間、東京ラウンド主催は読売新聞(苦笑)。そもそも原は『マスコミ泣かせ』で有名で、インタビューではよく話してくれるんですが、『そういった感じの』とか『そういうツーウェイで』など、長嶋茂雄終身名誉監督ばりの意味不明発言が多く、そのあたりも突っ込みたい記者はいるんだけど、表立って原監督の批判はそうそう口にできない。それに今は新聞や雑誌、テレビも不況のまっただ中。大会を盛り上げて日本に優勝してもらい、視聴率や部数アップを期待しているんです」(前出・記者)

 先の北京五輪では、チームを優勝に導けず戦犯扱いされた星野仙一監督だが、原の采配は......。
(岩木昌久)


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ