サイゾーpremium  > 連載  > 水谷舞の「合コン四季報」  > まじめさが新鮮! エーザイのうぶさ♥
連載
水谷 舞の「合コン四季報」 第5回

まじめさが新鮮! エーザイのうぶさ♥

+お気に入りに追加

──元JALのCAで、合コンでお相手した企業は150社以上!の自称"合コン総研アナリスト"水谷が、実地調査(=合コン)をベースに上流メンズを辛口ジャッジ!

0904_mizutani.jpg
(↑ここをクリックすると拡大します)

【今月のターゲット】 エーザイ

医療制度の発達した国内市場に支えられ安定した成長を見せてきた医薬品業界も、最近はM&Aなどによる再編の嵐が吹き荒れている。そんな中でも、合併などせず、業界上位に居座るエーザイが今回のお相手。中途採用もリストラもほとんどなく、エーザイイズムが純粋培養されているという同社の、合コンのお手並みとは?

未曾有の不景気でも、高齢化、成人病患者増加などの影響で内需健在の製薬業界の合コン事情とはいかほどのものか? 今回は大手製薬会社のエーザイがターゲット。

合コン総研・水谷舞の出動です!!

 4(エーザイ営業課長以下4名):5(水谷ほか日航CA軍団)で、渋谷のエジプト料理屋でスタート! 男性幹事の"Aザイ課長"の趣味がベリーダンスということで、この店がセレクトされたそうです。そのほかのメンツであるBザイ君、Cザイ君、Dザイ君は入社6~7年の中堅営業マンたち。全員時間前にキッチリ参上。土曜日なのにスーツ&ネクタイ。髪はビシッと上がっています。

「皆さんご静粛に。全員揃ったところで自己紹介を始めましょう」

 Aザイ課長の一声で一同シーン。前回掲載の電通とは一転、今回は結婚披露宴並みのフォーマルなスタートとなりました。が、開始早々にハプニング発生!この日は欠席予定だったAザイ課長と親交の深い某大学病院のお偉い教授が突然登場! その瞬間、店内には『白い巨塔』のテーマソングが流れ、一同起立して最敬礼! 若手エーザイマンの顔から汗が噴き出しています。言うまでもなく、医師は製薬会社にとっては大のお客さま。若手営業マンは、地域の開業医を担当し、大学病院の教授クラスを担当できるのは、一握りのエリートなのだそうです。

 ここでベテランのAザイ課長が、鮮やかな太鼓持ち芸を披露します。

「諸君、この方の研究実績は素晴らしくて、いつ"駄洒落ノーベル賞"にノミネートされても不思議ではないお方なんだよ」「この間の台湾出張の時の先生へのお土産は『台湾LOVE』って大きく書いてあるTシャツでしたよね」……ヨイショしたかと思えば、ハズしてみせたりと、礼儀の一線は死守しながらも、雲の上の先生との距離感を確実に縮めていくへりくだり術に、若手エーザイマンは感心しきり。気さくな教授も上機嫌になったかと思えば、「若い人たちに気を使わせてはいけないから失礼するよ。からかい半分寄っただけだから。はっはっは」と、去っていきました。なんだったの!?

 さて、彼らの心拍数が落ち着いたところで自己紹介再開。Bザイ君やCザイ君は、胸元の開いた水谷の服を前に伏し目がちに、「僕、合コンは半年ぶりで、ましてやCAさんたちとお話できるなんて……」「この業界は仕事を一生懸命しちゃうと出会いが全然ないんで、今日は生きてて良かったです!」と、またも汗をかきかき、肩に力の入った挨拶。洗練された電通や商社マンとは対極の泥臭さが、高度成長期の古き良きサラリーマンを見ているようで胸を打つものがあります。そんなエーザイマンの舌が滑らかになってきたのは、メインディッシュのケバブが出てきた頃。エーザイマンのひとりが、「今度、先生の学会の付き添いで札幌に行くんですけど、JALを使わせていただきます」と、板についたヨイショを披露。その後、医師への接待費はどれくらい使えるの? ベンツのキーを差し上げるの? などという水谷の質問にも、「今は上限はたいしたことない」「(不正な取引には)公取委の目が厳しい」と、まじめに回答。硬派モードになったついでに、薬価引き下げや外資メーカーなどによるジェネリック(後発)医薬品の乱発によって将来が不安じゃないかと斬り込むと、またも真剣に日本の医薬品の質の高さや保険制度の素晴らしさを熱弁。医療費抑制政策に異を唱える硬派さを見せる一方、美肌効果で有名なCOQ10はエーザイが開発したとか、チョコラBBなどのビタミン系薬品には一日の長があるとかの自社プチ自慢を展開します。

 合コンらしからぬカタめトークもエーザイイズムの証し。経済大国ニッポンを築いたのは、こんな一見退屈な日本人の気質だったのでしょう。

[合コンメンズ判定]★★★★☆

今回は合コン市場では珍しい銘柄、製薬会社を取り上げてみましたが、予想通り場慣れしていないウブな様子が女性の母性本能をくすぐり、逆に新鮮。洗練さ、華やかさには欠けるので、恋人としては刺激が足りないですが、安定堅実、誠実さを求めるのであれば、結婚相手としてはこれほど理想的なタイプはいないでしょう! ただしデートで手をつないだら、緊張で汗びっしょりになりそう。彼女or妻になった暁には、冷たいオシボリとデオドラントスプレーをいつも用意してあげるのがベター。というわけで今回は★4つを進呈します!

[今月の合コン必勝服]
硬派な製薬会社には知的なライトブルー&清楚なロングレングスで聡明さをアピール。ナイチンゲールのように貴方の患部を優しくヘルスケアします♪

水谷 舞(みずたに・まい)
大学卒業後、日本航空入社。NY、パリ、ミラノ便など、国際線ビジネス、ファーストクラスを中心に約5年間乗務。現在はレポーター、女優業の傍ら、「合コンは最高のエンターテインメント」をモットーに、"合コン総研アナリスト"として活躍中。公式ブログ


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE