サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 激美人の現役女子高生は"男前キャラ"全開...
ニュース
瑠璃色の友情が美しい!

激美人の現役女子高生は"男前キャラ"全開!?

+お気に入りに追加
0903_haru.jpg
(撮影/有高唯之)

 波瑠、17歳。彼女の年齢を聞いて、その完成された美しさとのギャップに驚く方も多いだろう。彼女は現在、ティーン向け女性ファッション誌「Seventeen」(集英社、以下「ST」)の専属モデル。「STモデル」といえば、過去に木村カエラや鈴木えみ、榮倉奈々といったアイドルたちを輩出した、えりすぐりの美少女の代名詞だ。

「私、STモデルの中では"男前キャラ"なんですよ。ほかの子は女の子っぽくファッションとか恋バナで盛り上がってるんですけど、それについていけてなくて(笑)」

 美人で男前キャラ! かっこいい! というわけで、人気はSTモデルの中でもトップクラス。加えて、08年にはCDデビューを果たし、ケータイ小説『恋空』の映像化に際しては、ドラマ・映画両方に出演、それぞれ別の役を演じ分けるなどし、注目を集めている。『恋空』に関しては、「同じ作品に違う視点でかかわれたことは、難しいけどおもしろかったですね。特にドラマで演じた、主人公に嫌がらせする『咲』は、自分とは全然違う役で印象が強かった。自分では、ずぇっっったいイジメなんてやらないから」と、ここでも男前キャラがチラリ。

 が、そんな彼女でも、ついデレデレしてしまう瞬間があるとか。それはペットの文鳥と遊んでいるとき。夏目漱石のようななんとも渋い趣味だが、「文鳥ってあまり飛べないみたいで、バタバタバタ、ひゅーって、落ちちゃう。なつくし、本当にかわいいんですよ」と、うれしそうに語る姿は、普通の女子高生。いや、男前キャラとのギャップで、かわいさ倍増。そんなギャップが受けてか、最近は男性誌に「注目のアイドル」として取り上げられることも増えているが、本人にはその気負いはないようだ。

「最近はちょっとアクティブで、休日には友達と公園に行って遊んでます。仲良しの成海璃子と一緒に行くこともあります。2人でチェキで変な写真を撮ったり」

 波瑠と成海璃子が公園でチェキ!? なんてレアな!! 声をかけられたりしないのか尋ねると、「ぜんっぜん誰にも。普通にベンチに座ってるだけですし」とあっさり。

 成海は、「マキシマム ザ ホルモンが好きなところとか趣味が合って、普通の女の子とは話せないことを話せる友達」であると同時に、気になる女優でもあるという。

「お芝居は今後もやっていきたいですね。『ジョゼと虎と魚たち』のジョゼみたいな、独特の空気感がある役を演じてみたい」
 多彩な活躍を見せる彼女。その男前な包容力で、大いに輝いてほしいものである。

(西川萌子)

波瑠(はる)
1991年、東京都生まれ。身長164cm。「Seventeen」(集英社)専属モデル。ケータイ小説を原作とした映画版『恋空』(07年)、ドラマ版『恋空』(08年、TBS)に出演。昨年4月には、岡本真夜作詞・作曲の「I Miss You〜明日の僕へ〜」でCDデビューも果たし、今年は出演映画4本の公開が控えている。


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ