サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 一発屋のイメージを逆手に取った小島よしお...
ニュース
とっておきの芸能界サバイバル術とは!?

一発屋のイメージを逆手に取った小島よしおのしたたかな戦略

+お気に入りに追加
0902_gps_oppapy.jpg
(写真/吉岡教雄)

 2007年にブレイクして以来、「一発屋」と言われながらもテレビ界の荒波をなんとかくぐり抜けてきた、しぶとい男・小島よしお。そんな彼がひそかに語った、とっておきの芸能界サバイバル術とは......!?

「もうすぐ消える」「一発屋」などとさんざん揶揄されながらも、2008年もテレビの最前線で活躍を続けた崖っぷち芸人、小島よしお。一発屋として消えてしまう危機をなんとか乗り切ったのかと思いきや、実は本人の中ではすべて「計算通り」だったのだとか。

「あんまり言いたくないですけど、完全に狙い通りですね(笑)。去年は世間が思い描いているイメージを逆手に取って、『一発屋』っていう言葉を、他人に言われる前に自分から言うようにしていたんです。あえてそうすることで、気にしてませんよ、大丈夫ですよ、とアピールすることができた。それが余裕につながって、視聴者の人も見ていて安心できたんじゃないかなと思いますね」

 その余裕の裏には、昨年7月に初の単独ライブを成功させて、自信を深めたという経験があった。


「ピン芸人になって8年、いろいろ苦労してようやくたどり着いたのが、この単独ライブなんです。企画やネタも全部自分で考えて、小道具代まで全部自腹で(笑)。だから、すごく達成感があったんですよ。とにかく今の俺のすべては出した、っていう気分ですね」

 ピン芸人として一回り大きく成長し、見事に08年を乗り切った小島よしお。しかし、問題はここからなのだという。

「今年からは戦略が一切ないんですよね(笑)。とりあえず必死に食らいついていこうかなと思っています」

 小島よしおの代名詞といえば、「そんなの関係ねぇ!」「おっぱっぴ〜」「ピーヤ」といったギャグの数々。だが、それも今年は改めていくのだという。

「今はまだギャグに頼っている部分があるんで、それを乗り越えたいですね。だから、今年はギャグをしません! ノーギャグで。僕は今までわりとわかりやすい笑いをやっていたんですが、これからはそれも変わるかもしれません。いわば、右脳的な笑いから左脳的な笑いにシフトする感じで。論理で構築された、左脳的な笑いを目指していきたいですね」

 09年の小島よしおが見せる、新たな「左脳的な笑い」の境地とは? 体を張った一発ギャグでテレビ界に斬り込んだ若きサムライは、虎視眈々と次のステージをうかがっている。
(ラリー遠田)

0902_gps_oppapy_prof.jpg

こじま・よしお
1980年、沖縄県生まれ。ブーメランパンツ一丁の筋肉ムキムキ姿で繰り出す、「そんなの関係ねぇ!」「おっぱっぴ~」「ラスタピーヤ」などのギャグで人気を博す。『ラジかるッ』(日本テレビ)などにレギュラー出演のほか、「Cawaii!」(主婦の友社)にて「小島よしおガチンコ人生相談」を連載中。


DVD『単独ライブ 小島よしおのカチョマンテ』
「この8年間の芸歴を集約させたものが作れた」と小島が断言する初単独ライブの模様がDVDに! 「そんなの関係ねぇ」などのギャグだけでなく、独特の"間"を意識したという新ネタを多数披露。ライブ終了直後の小島の素顔が見られる特典映像付き。発売/ContentsLeague、ビクターエンタテインメント 価格/3500円(税込)

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全
    • ブルース・リーからBTSまで【中韓エンタメ受容史】
    • 【中国ヒップホップ】の潜在能力
    • 【K-POP製作陣】が語る日本の課題
    • 【BTS】が成功して少女時代がコケた理由
    • 芸能界革命【中国アイドル】ブーム
    • 乃木坂より良い!?【Cアイドル】6選
    • 国家も支援する中国の【食動画】とは?
    • この【食動画】が見たい!セレクション
    • 【中国ファッション界】急成長とリスク
    • 【中国アート】市場の成熟度
    • 【菊地成孔】フロイディズムが息づく物語
    • 【笛木優子】韓国で女優を志すきっかけ
    • 【韓流ぴあ編集長】恥部も暗部も映像化する底力
    • 【片山慎三】今の韓国映画の原型!?60年前のサスペンス
    • 【キム・ソンフン】隠蔽された民主化の歴史を追う
    • 社会問題化する【韓国ネット民】の闇
    • 今も根強い韓国国内の【地域差別】
    • Jリーグも完敗の【中国サッカー】
    • 【朝鮮族】をつなぐサッカー文化
    • 【カンフー映画】の盛衰と進化の旅
    • 極東【バイオレンス】映画祭
    • 急速に広がる【中国SF】の世界
    • 【中国映画】1兆円市場・真の良作
    • 【2.5次元ミュージカル】13億人が熱視線

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

NEWS SOURCE

    • レアル移籍の【久保建英】を狙う魑魅魍魎
    • 浜崎あゆみの二番煎じ!?【安斉かれん】て誰?
    • 【参院選】裏の見どころは「不正操作」?

インタビュー

    • 【井桁弘恵】令和初の仮面ライダー美少女
    • 【ゴジゲン】ずっと終わらない永遠の放課後
    • 【FNCY】ヒップホップのニュー・クラシック

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』