サイゾーpremium  > ニュース  > カルチャー  > 打倒ジェロ&鼠先輩!?小学生演歌歌手が見...
ニュース
大人の機微を勉強中!

打倒ジェロ&鼠先輩!?小学生演歌歌手が見る夢とは?

+お気に入りに追加
0901_gps_enka.jpg

 紅白出場も決めたジェロや、独特の存在感を放つ鼠先輩などの活躍で注目を集める演歌界に、今度は小さな"演歌少女"が登場した。12月3日に「大漁まつり」(クラウンレコード)でデビューしたのは、現在小学4年生のさくらまや。04年の「全国童謡歌唱コンクール全国決勝大会」でグランプリを受賞している実力派だ。

「童謡は3歳から習っていました。初めて演歌を聴いたのは6歳のとき。歌詞と伴奏が渋くて、自分も歌ってみたいと思い、習い始めました」

 と、のっけから大人顔負けの渋いコメントのまやちゃんだが、好きな歌手は美空ひばりと北島三郎だという。演歌といえば、日本人の琴線に触れるあの歌詞世界を理解しないと上手に歌い上げられないはずでは?

「先生たちに歌詞の内容を教えてもらい、自分なりに理解や想像しながら歌っています。感情がこもらないと、ちゃんとこぶしも利かせられないので」

 高校2年生になる姉の部屋から本を持ち出し、日々読書をしながら"大人の感情"を勉強中なのだとか。

「水森かおりさんの『五能線』や『鳥取砂丘』のような、切ない大人の恋を描いた歌をいつか歌えるようになってみたいです。私はまだ経験したことないですけど(笑)」

 夢は紅白歌合戦に出場し、地元で応援しているひいおばあちゃんに「見てますか~?」と手を振ることだそう。

 ちなみに、好きな食べ物はイチゴのアメ。苦手なことは早起き。これを聞いてやっと、彼女が"子ども"だと思い出しました……。
(清田隆之/BLOCKBUSTER)

さくら・まや
1998年7月26日、北海道生まれ。身長は125cm。あこがれの歌手は美空ひばり。04年、全国童謡歌唱コンクール全国決勝大会でグランプリを受賞。07年、キングレコード歌謡選手権大会で「港町恋唄」を歌い、優秀賞を受賞。12月3日にクラウンレコードより「大漁まつり」でデビュー。公式サイト「演歌少女『さくらまや』

0901_gps_enka_cd.jpg

デビュー曲「大漁まつり」
五木ひろしのヒット曲「高瀬舟」などを書いた水木れいじを作詞に迎え、作曲を都はるみとのコンビ「浪花恋しぐれ」で大ヒットを飛ばした岡千秋が担当。これら大御所スタッフが期待を寄せるほどの歌唱力に、愛らしいルックスと大人びたキャラクターとあって、来年あたりには紅白に出てるかも!?


Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ