サイゾーpremium  > 特集  > IT  > アジア発の動画サービスがJKにウケる理由【1】/動画配信サービスと【JKの本音】

――最近はアジアから進出してきた動画サービスが若者たちの間で大人気! とはいえ、顔バレや嫌がらせコメントなどは怖くないのだろうか? そこで、同年代の女の子たちから、絶大な支持を集める現役女子高生にインターネットとのお付き合いの仕方を聞いてみた!

1805_JK_tobira_hosei_520.jpg
(写真/河西 遼)

 テレビCMでおなじみの「SHOWROOM」や「MixChannel」など、アイドルたちがファンに向けて配信を行っている国産の動画アプリやサービスがあるが、最近は台湾の「17Live」や、韓国から来たライブ配信アプリの「LINEライブ」などのサービスが勃興しつつある。

 中でも女子高生に人気の中国産の動画ソーシャルアプリ「Tik Tok」では、既存の楽曲に合わせて、さも歌っているかのように口を動かし踊るリップシンク動画が注目を集めているが、素人の口パク動画を見ても、おじさんおばさんにはその面白さはサッパリ……。

 そこで、若年層から絶大な支持を集めるカリスマJKたちにその魅力を教えてもらおうと、ご登場願った。harukaちゃんは高校1年生、フォロワーは約15万人、Marinaちゃんは高校2年生、フォロワーは約19万人を誇る美少女Tik Tokerとしてそれぞれ知られている。動画投稿、いったい何がウケてるの? それに顔出し、平気なの? おじさんおばさんに教えて! お若いJKのお2人!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2018年11月号