サイゾーpremium  > 特集  > IT  > 【ウェブ編集vs雑誌編集】討論会

――出版不況で苦戦する雑誌だが、その一方でインターネットの世界では好調なウェブメディアもチラホラ。ジリ貧雑誌の編集者にしてみれば、ウェブメディアはさぞ羨ましかろうが、そこには嫉みも? そんな相反する両者に集まっていただき、それぞれの不満と改善案を言い合ってもらった。

1805_fight2_s_520.jpg
(絵/沖真秀)

[座談会参加者]
A…ニュースサイト編集者(29歳)
B…カルチャーサイト編集者(24歳)
C…月刊誌編集者(25歳)
D…週刊誌編集者(27歳)

A 「サイゾー」が雑誌とウェブの編集者を引き会わせてケンカさせたいみたいだけど、そもそもビジネスモデルが違うから噛み合わないよね? 話すこともないと思うんだけど。

B 紙の人はウェブ嫌いだけど、こっちは別に雑誌が嫌いだからウェブに来たワケじゃないから、そんなに冷たくしないでよ(笑)。

C いや、同じ編集者・メディアと名乗るのであれば、こちらは言いたいこともいろいろあるよ。

D 多くの記事がネットにアップされ、キュレーションアプリやヤフーニュースなどのポータルを通じて読まれる今、一般の人にはその記事がウェブオリジナルか、紙に載っていた記事だったかなんて関係ないから、最低限の責任感は持てって話ですよ。ウェブだと取材に基づいた新聞社の一次ソースの報道も、「日刊サイゾー」のヨタ記事も、等しくメディアとして捉えられてしまうんだから、最低限のスキルがないと困るし、同じ扱いをされたらたまったもんじゃない。

B でも、そんなこと言ったら雑誌こそ速報性がないオールドメディアじゃないっすか。週刊誌と言いつつ、1週間の制作期間を挟んで発売するわけだから、実質2週間前の話題を扱っているし、時代に即してなくない?

A まぁまぁ、皆さんひとまず落ち着きましょう。

新聞記者、BuzzFeedに流れがち

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』