>   > 【m-flo】再始動した本当の理由

――1999年、彗星のごとく現れたプロデューサーの☆Taku Takahashi、ラッパーのVERBAL、そしてボーカルのLISA。国内のポップミュージック・シーンでは、色物扱いされていたクラブミュージックをお茶の間にまで浸透させた功績は言わずもがな。しかし、突然のLISAの脱退、グループの活動休止――。このメンバーで15年ぶりに再始動するに至った背景には、どのような物語があったのか? 本誌にだけに語ってくれた脱退および活動休止の真実と、音楽業界、ひいてはエンタメ界への苦言を克明に記す。

1804_002_5468_03_520.jpg
(写真/片桐史郎・TROLLEY)

「私、やめたい」 m-flo活動休止の真相

 小学校からの同級生であったVERBALと☆Taku Takahashi(以下、☆Taku)によって結成され、さらにLISAを加えて、1999年にEP『the tripod e.p.』にてメジャーデビューを果たしたm-flo。共にバイリンガルであるVERBALのラップとLISAの歌、さらに最先端のダンスミュージックの要素をふんだんに盛り込んだ☆Takuのトラックが融合することによって生まれる独自のサウンドは、当時の日本の音楽シーンに新たな価値観を提示した。01年にリリースされたシングル「come again」によって彼らの人気は絶対的なものとなり、同年リリースのセカンドアルバム『EXPO EXPO』は累計セールス80万枚の大ヒットを記録。しかし、そんな絶頂期の02年に、LISAが突如グループを脱退する。

LISA「あの時の私たちはあまりにも忙しくて、3人で顔を合わせても何も会話ができないくらいに疲れていて、グループを脱退する直前くらいは、もうクレイジーになってた。でも、誰かに『助けて!』と言えるエネルギーすらもなくて。今でも忘れないけど、会社が用意したバンに乗って移動しているとき☆Takuに『ダメだ私。もう、やめたい』って伝えて、てっきり止めてくれるかなって思ってたけど、『うん、いいよ』ってソフトに言われた。じゃあ、もうやめるしかないかなって」

☆Taku「LISAは一度決めたことは変えない人だから。もうどうしようもできないなと思って引き止めなかった。あと、LISAを弁護するつもりじゃないけど、僕も正直、m-floから解放されたいっていう気持ちがありました」

 VERBALと☆Takuの2人になったm-floは、さまざまなアーティストとコラボレーションを図る“Loves”シリーズの成功によって、LISA脱退の穴を補填する。その一方で、個々での活動も活発化していったが、それはあまりにもビジネス的に成功し巨大化したm-floの呪縛から自らを解き放つためのものでもあった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』