>   >   > 名作の「外伝」その中身とは?【1】/本家を超える【スピンオフ】を探せ!
第1特集
名作の「外伝」その中身とは?【1】

派生作品は元ネタの力量ゆえ……か?――業界不況が生んだ新たな金脈!本家を超えるスピンオフを探せ!

+お気に入りに追加

毎年恒例のマンガランキング『このマンガがすごい!2017』(宝島社)の1位に選ばれたのは『賭博黙示録カイジ』のスピンオフ作『中間管理録トネガワ』(共に講談社)だった。これに限らず、近年、業界ではこうした人気作品のスピンオフが目につくようになり、中には原作を“喰う”作品も登場しているという――。

1802_P080-083_img001_300.jpg
映画化も大ヒットを記録した『闇金ウシジマくん』には、個性的なキャラが多数出演する。

『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』『闇金ウシジマくん外伝らーめん滑皮さん』『やみきんっ うしじまきゅん』。これらは、いずれも闇金融「カウカウファイナンス」の社長・丑嶋馨を主人公にした人気マンガ、『闇金ウシジマくん』から派生した、スピンオフ作品である。『闇金ウシジマくん』自体も、現在「ビッグコミックスピリッツ」(すべて小学館)で連載中の人気作品であるのだが、その原作と同時進行の形で、よく似た絵柄ながら別のマンガ家によってスピンオフが描かれている。わずか10年ほど前には、このような現象はあまり考えられなかったのではないだろうか?

 具体的に各作品を見てみると、『闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説』は、同作に登場する極悪キャラ・肉蝮を主人公にしたスピンオフ。肉蝮が耳を引きちぎったり、目玉をくり抜いたりと、ホラーマンガさながらの凄惨な描写が目を引く。

『闇金ウシジマくん外伝 らーめん滑皮さん』は、同じくウシジマくんのキャラであるヤクザ・滑皮を主人公としながら、ラーメングルメマンガとなっている異色作品。滑皮がヤクザのシノギの合間にラーメンを豪快に味わう。そのガサツな食べ方も、かえって美味そうに感じるのがポイントだ。

 本編を踏襲した絵柄ながら、作画の山崎童々の過去作を見ると、ウシジマくんとは似ても似つかない少女マンガ調の絵柄で、コピー力の高さをうかがわせる。そして、『やみきんっ うしじまきゅん』は、「ウシジマくん」の登場人物たちの頭身を低くディフォルメした、いわゆる「SD化」で、おなじみのキャラたちによるギャグが繰り広げられる。

 同様の展開は、高額のギャンブルで生徒間の力関係が決まる高校を舞台とした『賭ケグルイ』にも見られる。2014年の連載開始ながら、すでに、ヒロインのライバルを主役に据えた『賭ケグルイ双』『賭ケグルイ妄』、そしてSD化のパターンに属する『賭ケグルイ(仮)』(すべてスクウェア・エニックス)が同時に進行中だ。いずれも、原作としては本編と同じ河本ほむら氏がクレジットされているが、作画者はそれぞれ異なるのがポイント。こういった現象について、マンガに詳しいライターの奈良崎コロスケ氏はこう分析する。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』