>   >   > 井伊家を再興させた直政のアナルセックス効果【2】/時代で見る【男色】文化の変化
第1特集
井伊家を再興させた直政のアナルセックス効果【2】

鎌倉から明治時代まで!――時代別に見る、日本における「男色」文化の変化

+お気に入りに追加

衆道に限らず、それぞれの時代に残されている男色に関する記述をひも解きながら、その扱いの変化を追っていこう。

[鎌倉時代]アナルセックスの指南書
相手を楽しませるために少年は努力せよ

1801_sashikae_520.jpg
『稚児草紙』

 セックスの基本は、性器の挿入だろう。そこは男色も変わりないが、凹凸ではなく凸凸であるため、女性器の代わりとして若衆の肛門が使われた。ただし、そもそも肛門は“入れる”ことは想定されてない。この“想定外”の使用をスムーズに行うため、若衆は日々たゆまぬ努力をしていた。稚児と僧侶の男色について論文を持つ東亜大学准教授の平松隆円氏によれば、「例えば『弘児聖教秘伝私』という書物には僧と稚児の閨房の作法が描かれていた」という。

「そこにはアナルセックスの方法(拡張の仕方、男根の誘い方、射精後の男根の清浄の仕方)だけではなく、事前準備や後始末まで記されています。また、僧を満足させるために稚児自身も性的に興奮するよう、強精剤のような薬草を口にすることなども書かれています」(平松氏)

 こうした努力については、ほかにもこんな記述(以下、読み下し文)が残されている。「唾液さえ塗れば、晩年まで交わることができるのは、肛門を棒液で開いていたから」(『色道禁秘抄』(1834年))、「棒液というのは、8センチほどの木の棒に綿を巻いて勃起した性器のようにし、それにゴマ油を浸したもの。寝る前にお湯で肛門を温めれば、すんなり挿入できる」(『女大楽宝開』(1772年頃))。これらの記述は、13歳頃から陰間を目指す少年が、アナルで男性を迎えるための「仕立て」を説明したもの。実際の挿入は唾液だけでは事足りないので、アオイ科の一年草の根から抽出する潤滑油「通和散」が使われていた。若衆のこんな“努力”があったからこそ、武士から庶民まで男色に入れあげたのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』