>   >   > 井伊家を再興させた直政のアナルセックス効果【2】/時代で見る【男色】文化の変化
第1特集
井伊家を再興させた直政のアナルセックス効果【2】

鎌倉から明治時代まで!――時代別に見る、日本における「男色」文化の変化

+お気に入りに追加

衆道に限らず、それぞれの時代に残されている男色に関する記述をひも解きながら、その扱いの変化を追っていこう。

[鎌倉時代]アナルセックスの指南書
相手を楽しませるために少年は努力せよ

1801_sashikae_520.jpg
『稚児草紙』

 セックスの基本は、性器の挿入だろう。そこは男色も変わりないが、凹凸ではなく凸凸であるため、女性器の代わりとして若衆の肛門が使われた。ただし、そもそも肛門は“入れる”ことは想定されてない。この“想定外”の使用をスムーズに行うため、若衆は日々たゆまぬ努力をしていた。稚児と僧侶の男色について論文を持つ東亜大学准教授の平松隆円氏によれば、「例えば『弘児聖教秘伝私』という書物には僧と稚児の閨房の作法が描かれていた」という。

「そこにはアナルセックスの方法(拡張の仕方、男根の誘い方、射精後の男根の清浄の仕方)だけではなく、事前準備や後始末まで記されています。また、僧を満足させるために稚児自身も性的に興奮するよう、強精剤のような薬草を口にすることなども書かれています」(平松氏)

 こうした努力については、ほかにもこんな記述(以下、読み下し文)が残されている。「唾液さえ塗れば、晩年まで交わることができるのは、肛門を棒液で開いていたから」(『色道禁秘抄』(1834年))、「棒液というのは、8センチほどの木の棒に綿を巻いて勃起した性器のようにし、それにゴマ油を浸したもの。寝る前にお湯で肛門を温めれば、すんなり挿入できる」(『女大楽宝開』(1772年頃))。これらの記述は、13歳頃から陰間を目指す少年が、アナルで男性を迎えるための「仕立て」を説明したもの。実際の挿入は唾液だけでは事足りないので、アオイ科の一年草の根から抽出する潤滑油「通和散」が使われていた。若衆のこんな“努力”があったからこそ、武士から庶民まで男色に入れあげたのかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』