>   >   > 大石始のマツリ・フューチャリズム【19】/【家電】が楽器にリボーンする祝祭
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【19】

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」家電が楽器にリボーンする祝祭

+お気に入りに追加

――21世紀型盆踊り・マツリの現在をあらゆる角度から紐解く!

「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」家電が楽器にリボーンする祝祭の画像1
使い古された家電製品の数々が、“供養”という名のもとに楽器へメタモルフォーゼしようとは。本来の楽器では奏でることのできない、独特の音色も印象的だ。(写真/山本マオ)

 2017年11月、東京タワーの真下で『和田永「エレクトロニコス・ファンタスティコス!」~本祭1:家電雷鳴篇~』という奇妙な祭りが行われた。演奏されるのは、ブラウン管テレビや扇風機、エアコンなどの古い電化製品を改造したオリジナル楽器。「電化製品の供養と蘇生」がテーマのひとつとして掲げられており、祭りの開始にあたっては、高野山の僧侶による念仏も唱えられた。そもそも盆踊りが死者を供養するための儀式という側面を持つとは、たびたび本連載でも述べてきたことだが、大量生産の電化製品の中に宿る魂を供養する盆踊りとなると、前代未聞だ。

 この奇祭の首謀者は、ブラウン管を太鼓のように叩いて音を鳴らす“ブラウン管ガムラン”など多くの楽器を開発してきた和田永。彼の構想の根底には、幼少時代のとある体験があったという。

「家族旅行で東南アジアに行ったときにインドネシアのガムランアンサンブルを見たんですが、(目の前に)出てきた鳥の化身みたいなキャラが強烈に記憶に残っていて。その影響か、『世の中の自分の知らないところには、その鳥の化身みたいな魔物がいるんじゃないか?』という妄想が生まれたんです。異国情緒(エキゾチシズム)じゃなく、異界情緒。妖怪が棲む異界に対する好奇心が子供の頃からあったんです」(和田氏)

 当プロジェクトが始まったのは15年2月。和田氏は古い町工場が残る東京・墨田区の某所に拠点を構えると、募集で集まった家電に手を加え、「黒電話リズムマシン」や「換気扇サイザー」などの楽器を開発。同年末には、それらの自作楽器を用いた市民参加型のコンサートをスタートさせる。京都や茨城にも開発チームを組織すると、楽器開発のペースも加速。扇風機を使ってエレキギターのような音色を奏でる「扇風琴」など、奇妙な楽器を次々に生み出した。和田氏が続ける。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』