>   >   > 【スパイ映画】の敵役と国際情勢
第1特集
冷戦の終結がスパイ映画を変えた?

“戦う相手”は時代をいかに反映してきたか?――ジェームズ・ボンドの敵は誰だ!?スパイ映画の敵役と国際情勢

+お気に入りに追加

数ある映画ジャンルの中でも、“スパイモノ”には根強いファンが多い。並外れた体力と叡智を誇り、ときに美女と深い仲になり、無理難題を解決するというのが同ジャンルのイメージだろう。だが、一体主人公は、誰と戦っているのだろうか? 世界的なヒットを記録した3つのシリーズから、“スパイ映画の敵役”の変遷を、国際情勢と共に見ていきたい。

1712_007_200.jpg
『007 逆襲のトリガー』(KADOKAWA)

 各国の諜報機関の密命を帯びたエージェントが、腕時計や眼鏡に仕込んだ特殊なスパイ道具を駆使しながら、世界を股にかけて悪の組織と対決する。数ある映画の中でも、スパイ映画は幅広い人気を得ているジャンルだろう。特に50年以上の歴史がある『007』シリーズや、トム・クルーズ主演の『ミッション:インポッシブル』シリーズを見た人は多いはずだ。だが、こうした作品を思い返してもみても、ディテールやアクションシーンは覚えているものの、敵が何者で、何を目的としていたか、よく思い出せないという人はいないだろうか? なぜ、最近のスパイ映画の敵役はわかりにくいのだろうか? 映画ライターの福本ジロー氏は、こう述べる。

「最近のスパイ映画は『007』も含めて、映画の後半まで“敵”が何者かわからないことが大半です。主人公は真の敵にたどり着くまでに、さまざまな偽装と謎を解きつつ悪役と対峙しなければなりません。映画を作る側としては、観客を飽きさせない展開が求められるため、最終的に誰を倒せばいいのかよくわからないまま強引に話を進める。結局見終わった後、カタルシスは覚えていてもどんな内容だったかよく思い出せない、という作品も多々あるわけです」

 そうはいいながら、各スパイ映画の敵役のキャラをかなり記憶していた福本氏には、随分ご教示頂いたのだが、それでは人気スパイ映画の敵は何者だったか。ここから先は『007』『ミッション:インポッシブル』『ジェイソン・ボーン』シリーズを中心に、解説していきたいが、公開から年月の経った作品が多いとはいえ、ある意味ネタバレでもあることも、ここで明記しておきたい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』