>   >   > 2017年【日本映画】裏事情

『君の名は。』一色だった2016年を経て、2017年は“洋画回帰”の年であった。しかしその中でも、東宝配給の『君の膵臓をたべたい』や、アニプレックス配給のラノベ原作映画のヒットなど、国内映画にもさまざまな変化の兆しが。そんな2017年国内映画を分析する!

1712_teiichinokuni_300.jpg
古屋兎丸のマンガ原作を実写化した『帝一の國』。一部の原作ファンはディスっていたが、菅田将暉効果に加え、内容もなかなかよいと評判を呼び、意外や意外の19億円のヒットとなった。

 2017年の映画界を眺めていて思うのは、再び外国映画上位の時代に戻ったということだ。『君の名は。』(東宝/235・6億円)、『シン・ゴジラ』(東宝/82・5億円)をはじめ、『名探偵コナン 純黒の悪夢』(東宝/63・3億円)、『映画 妖怪ウォッチ エンマ大王と5つの物語だニャン!』(東宝/55・3億円)、『ONE PIECE FILM GOLD』(東映/51・8億円)、『信長協奏曲』(東宝/46・1億円)など、年間興行収入ランキングのトップ10のうち6本を日本映画が占めた昨年とは打って変わって、今年トップ10に入る見込みなのは、『名探偵コナン から紅の恋歌』(東宝/68億円)、『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』(東宝/44億円)という2本のアニメ作品のみ。日本の実写映画で最上位にランクインしているのは、13位の『銀魂』(ワーナー・ブラザース映画/38億円)というありさまである。

 ちなみに、ワーナーというと外国映画のイメージがあるかもしれないが、近年は日本映画の配給も積極的に行っており、今年は『22年目の告白―私が殺人犯です―』(主演:藤原竜也/24億円)、『アウトレイジ 最終章』(主演:ビートたけし/14億円)などコンスタントなヒット作を残している。これで、木村拓哉主演の『無限の住人』が大ヒットしていれば盤石の布陣となったと思われるが、こちらは当初の予想を大きく下回り、結局10億円に届かなかった模様。映画をヒットさせることの難しさをつくづく感じさせる結果となった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年12月号

チラリと魅せる和モノ写真進化考

チラリと魅せる和モノ写真進化考

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ

真木しおり、Gカップのリムジンパーティ