>   >   > 映画の中のゾンビはどう進化したのか?【1】/映画における【ゾンビ】進化論
第1特集
映画の中のゾンビはどう進化したのか?【1】

『新感染』のソンビは新自由主義のメタファー?――もはや人間と共生する存在に!映画におけるゾンビ進化論

+お気に入りに追加

今年、ゾンビ映画の始祖とされるジョージ・A・ロメロが鬼籍に入り、韓国のゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』が日本でもヒットした。では、現在まで映画の中のゾンビはどう“進化”したのか――。その身体性の変容から表象してきた時代や社会まで、非「映画秘宝」的にこのジャンルを読み解きたい。

1712_P042-045_01_300.jpg
韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』は全国公開中。配給:ツイン (C)2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.

 去る7月16日、“ゾンビ映画の父”と呼ばれたジョージ・A・ロメロ監督が死去した。また、9月1日より日本でも公開中の韓国産ゾンビ映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』が大ヒットし、2017年の映画界はゾンビが存在感を放った年といえそうだ。そこで本稿では、映画においてゾンビはどのように進化し、何を表象してきたのかを考察していきたい。まず、多くの人が思い浮かべるゾンビ像はいつ形成されたのか? 『新世紀ゾンビ論』(筑摩書房)の著者でSF・文芸評論家の藤田直哉氏は、こう語る。

「その原型は、ロメロ監督が1968年に製作した『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』に求めることができます。すなわち、ノロノロと徘徊する生ける屍が、人間を襲っては噛みつき、噛みつかれた人間は次々とゾンビ化するというパターンはここで生まれました。ただし、ゾンビが一大ムーブメントとなり、そのイメージが伝播するのは、同監督による続編『ゾンビ』(78年)まで待たねばなりません」

 ちなみに、『ゾンビ学』(人文書院)の著者で奈良県立大学准教授の岡本健氏によれば、『ナイト~』はゾンビ映画の記念碑的作品であるが、ロメロ自身は同作でゾンビを描いたつもりはなかったという。

「ロメロは、死者を吸血鬼化させるウイルスが蔓延する世界を描いた映画『地球最後の男』(64年)を参考に『ナイト~』を製作したと語っており、作中に登場する生ける屍も“グール(食人鬼)”と呼ばれています。つまり、彼としては単に人を食らうモンスターを撮ったはずですが、それを受け手の側が新しいゾンビと認識したわけです」(岡本氏)

 岡本氏が「新しいゾンビ」と言ったように、『ナイト~』以前にもゾンビ映画は存在した。初めてゾンビが登場した映画といわれるのが、32年製作の『恐怖城(ホワイト・ゾンビ)』である。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』