>   >   > 大石始のマツリ・フューチャリズム【17】/【三波春夫】が2017年に蘇る
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【17】

五輪を目前に控える時代にこそ、必要とされる三波春夫イズム――かの三波春夫が2017年に蘇る

+お気に入りに追加

実娘が語った「お客様は神様です」の誤解。今月は魂の叫びのごとく「東京五輪音頭」を歌い、バーチャルで蘇った稀代の歌手を振り返る特別編でお届けしよう。

1711_01_MF_11_230.jpg
東京オリンピック(1964年)閉会式終了後、新宿御苑で開催された「お別れパーティ」特設ステージ上で「東京五輪音頭」を歌う三波春夫。観覧席からステージに上がって一緒に踊りだした選手も多数いた。

 去る7月24日、東京オリンピックのテーマソング「東京五輪音頭 -2020-」の制作発表会が都内で行われた。言うまでもなく「東京五輪音頭」は、1964年に開催された前東京五輪のテーマ曲。今回の復活にあたっては、加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルという3人が歌い手に選ばれ、8月にはミュージックビデオも公開された。今月は、今再び注目を集めている「東京五輪音頭」の魅力を紐解きながら、2001年にこの世を去るまで同曲を大切に歌い続けた、ひとりの大御所歌手にフォーカスしたい。

「東京五輪音頭」のオリジナル・バージョンは、日本の各レコード会社の競作として企画され、三橋美智也(キングレコード)や坂本九(東芝EMI)、橋幸夫(ビクター)など当時の人気歌手が自慢の歌声を競った。その中でも最大の売り上げを記録したのが、今回の主役である三波春夫が吹き込んだテイチク盤だった。売上枚数は130万枚以上。先述した制作発表会の際、加山雄三は「三波春夫さんにはかないません」と発言していたが、彼ならずとも「東京五輪音頭」といえば、三波春夫を思い出す方も多いことだろう。では、なぜ人気歌手が競い合う中、三波春夫版の「東京五輪音頭」は記録的なヒットとなり得たのか? 三波春夫の実娘であり、三波クリエイツ代表取締役を務める三波美夕紀氏に話を聞いた。

「生前、父はその質問をよくされていたんですが、当の本人は『私の歌は言葉がはっきりしているからだと思います』と述べていました。父はもともと浪曲出身なので、ひとつひとつの言葉をはっきりと発音するんですね。それと私としては、東京オリンピックに対する父の思いが非常に強かったこともあり、それが歌声に宿ったことも大きく作用したのだと思います。

 父は戦前に新潟の寒村で生まれ、戦時中はシベリアで捕虜になりました。本人も苦労しましたが、それは日本にいた方々も同様であり、そこから復興して東京オリンピックが開催されたわけです。戦前世代の喜びは、現代の私たちには理解できないほどのものだったと思います。東京オリンピックは、復興した日本の姿を世界に向けてアピールする戦後最大のイベントとなったわけで、父の心には『オリンピックは絶対に成功させねばならない』という強い思いがあったと思います」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』