>   >   > 大石始のマツリ・フューチャリズム【17】/【三波春夫】が2017年に蘇る
連載
大石始のマツリ・フューチャリズム【17】

五輪を目前に控える時代にこそ、必要とされる三波春夫イズム――かの三波春夫が2017年に蘇る

+お気に入りに追加

実娘が語った「お客様は神様です」の誤解。今月は魂の叫びのごとく「東京五輪音頭」を歌い、バーチャルで蘇った稀代の歌手を振り返る特別編でお届けしよう。

1711_01_MF_11_230.jpg
東京オリンピック(1964年)閉会式終了後、新宿御苑で開催された「お別れパーティ」特設ステージ上で「東京五輪音頭」を歌う三波春夫。観覧席からステージに上がって一緒に踊りだした選手も多数いた。

 去る7月24日、東京オリンピックのテーマソング「東京五輪音頭 -2020-」の制作発表会が都内で行われた。言うまでもなく「東京五輪音頭」は、1964年に開催された前東京五輪のテーマ曲。今回の復活にあたっては、加山雄三、石川さゆり、竹原ピストルという3人が歌い手に選ばれ、8月にはミュージックビデオも公開された。今月は、今再び注目を集めている「東京五輪音頭」の魅力を紐解きながら、2001年にこの世を去るまで同曲を大切に歌い続けた、ひとりの大御所歌手にフォーカスしたい。

「東京五輪音頭」のオリジナル・バージョンは、日本の各レコード会社の競作として企画され、三橋美智也(キングレコード)や坂本九(東芝EMI)、橋幸夫(ビクター)など当時の人気歌手が自慢の歌声を競った。その中でも最大の売り上げを記録したのが、今回の主役である三波春夫が吹き込んだテイチク盤だった。売上枚数は130万枚以上。先述した制作発表会の際、加山雄三は「三波春夫さんにはかないません」と発言していたが、彼ならずとも「東京五輪音頭」といえば、三波春夫を思い出す方も多いことだろう。では、なぜ人気歌手が競い合う中、三波春夫版の「東京五輪音頭」は記録的なヒットとなり得たのか? 三波春夫の実娘であり、三波クリエイツ代表取締役を務める三波美夕紀氏に話を聞いた。

「生前、父はその質問をよくされていたんですが、当の本人は『私の歌は言葉がはっきりしているからだと思います』と述べていました。父はもともと浪曲出身なので、ひとつひとつの言葉をはっきりと発音するんですね。それと私としては、東京オリンピックに対する父の思いが非常に強かったこともあり、それが歌声に宿ったことも大きく作用したのだと思います。

 父は戦前に新潟の寒村で生まれ、戦時中はシベリアで捕虜になりました。本人も苦労しましたが、それは日本にいた方々も同様であり、そこから復興して東京オリンピックが開催されたわけです。戦前世代の喜びは、現代の私たちには理解できないほどのものだったと思います。東京オリンピックは、復興した日本の姿を世界に向けてアピールする戦後最大のイベントとなったわけで、父の心には『オリンピックは絶対に成功させねばならない』という強い思いがあったと思います」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』