>   >   > 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎

 現在、ファッション界には、でかでかとロゴを載せたアイテムで溢れかえっている。本稿は、ファッション・アイテムとロゴの関係性について、出版社の代表としてカルチャーマガジンを手がけながら、企業のブランディング戦略にも関わる編集者の小田明志が、紐解いていく。

1711_logo_P058-059_photo001_230.jpg
「ダニエル・ウェリントン 芸能人」で検索したら、“広瀬すずが愛用”という記事出てきたが……ホントか!?

 僕が通っているジムのある自由が丘から、中目黒にあるオフィスへ向かう東横線の道すがら、薄型で大きな文字盤とクラシックなフォルムが目立つ時計を、20代の女性が身につけているのをちらほら見かけるようになったのは、確か2年ほど前のことだったはずだ。当初は「大きな文字盤の時計が流行なのだな」 くらいの認識しかなかったが、友人がインスタグラムにその時計の写真を投稿しているのを見て、それがすべて「Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン、以下DW)」という1本2~3万円と比較的リーズナブルな同一ブランドの時計であったことを知った。

 DWは、そのクラッシーな見かけから、老舗と誤解されがちだが、実は2011年にスウェーデンで創業したばかりの生まれて間もないブランドで、その創業者は当時30歳にも満たない青年フィリップ・タイサンダーだ。そのクラシカルなデザインの源泉は、タイサンダーが06年にオーストラリアを旅していた時に出会ったイギリス紳士が身につけていた、黒とグレーのNATOストラップ(引き通し式のナイロン製ストラップ)にあわせられたロレックスにあり、この紳士の名前こそがダニエル・ウェリントンなのだという。

 旅を終えスウェーデンの地元ウプサラに帰ったタイサンダーは、ネクタイと時計を販売するECサイトを立ち上げた。その事業で2万4000ドルを手にした彼は、オリジナルブランドであるDWを立ち上げ、創業から5年足らずで年間1億8000万ドルのセールスを上げるブランドに成長させた。今年32歳を迎えるタイサンダーは、若くして巨万の富を築いたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年2月号

マンガ(禁)大全2018

マンガ(禁)大全2018
    • 【マンガ業界】最新動向
    • ネット時代【リイド社】の戦略
    • 【韓国】ウェブトゥーンが凄い
    • 【韓国マンガ】傑作6選
    • 【しらほしなつみ】コミケで見られない素顔
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【お笑い芸人・おたけ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【田中考】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【辛酸なめ子】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【精神科医・岩波明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【クロサカタツヤ】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【磯部涼】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【小林雅明】
    • 「君たちはどう生きるか」レビュー【更科修一郎】
    • 【井出智香恵】背筋も凍るレディコミ
    • 【リバーズ・エッジ】映画化のナゼ
    • 肉食系女子が読む【岡崎京子】座談会
    • 【少女マンガ】のファッション研究
    • プロが見る【風早くん】の服装
    • 服部昇太【80年代】マンガへの礼賛!
    • 【ナチス描写】の海外規制事情
    • 【エロ描写】は海外でこう扱われる!
    • 本家を超える【スピンオフ】を探せ!
    • マンガの神様の【スピンオフ】作品
    • ポスト【ウシジマ】貧困マンガ
    • 【藤子・F・不二雄】の変態的な性癖
    • マンガ家【下半身ゴシップ】

基礎教養としてのフリーメイソン

基礎教養としてのフリーメイソン
    • 【橋爪大三郎×フリーメイソン幹部】陰謀論の基礎知識

酒井萌衣「卒業」と「初体験」

酒井萌衣「卒業」と「初体験」
    • 【酒井萌衣】元SKE48が初水着!

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • マルサの女/【わちみなみ】
    • 【柳ゆり菜】初めてジャネットで踊った日
    • 【岡田サリオ】時代は巨乳から巨尻へ
    • 【沙月とわ】海に行ったことがない女
    • 巨人のコーチになった異色の陸上選手
    • 私と【美玲】を連れてって
    • 2018年は本格的なIT制度の見直しが始まる
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【ヤリマン】のトークに無限の可能性
    • 【アイドル】が音頭に没頭する背景
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【AV出演強要問題】女優たちの悲痛な願い
    • 【新型うつ病】が隆盛する生きづらい日本
    • 町山智浩「映画でわかる アメリカがわかる」/『スリー・ビルボード』
    • 【ポスト・トゥルース時代】の保守とリベラルの役割
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/UFO入門2018
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • なぜ女芸人は「ブス」をネタにするのか?
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」/span>
    • 幽霊、それでもマンガは楽しき商売。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』