>   >   > 【ダニエル・ウェリントン】バカ売れの謎

 現在、ファッション界には、でかでかとロゴを載せたアイテムで溢れかえっている。本稿は、ファッション・アイテムとロゴの関係性について、出版社の代表としてカルチャーマガジンを手がけながら、企業のブランディング戦略にも関わる編集者の小田明志が、紐解いていく。

1711_logo_P058-059_photo001_230.jpg
「ダニエル・ウェリントン 芸能人」で検索したら、“広瀬すずが愛用”という記事出てきたが……ホントか!?

 僕が通っているジムのある自由が丘から、中目黒にあるオフィスへ向かう東横線の道すがら、薄型で大きな文字盤とクラシックなフォルムが目立つ時計を、20代の女性が身につけているのをちらほら見かけるようになったのは、確か2年ほど前のことだったはずだ。当初は「大きな文字盤の時計が流行なのだな」 くらいの認識しかなかったが、友人がインスタグラムにその時計の写真を投稿しているのを見て、それがすべて「Daniel Wellington(ダニエル・ウェリントン、以下DW)」という1本2~3万円と比較的リーズナブルな同一ブランドの時計であったことを知った。

 DWは、そのクラッシーな見かけから、老舗と誤解されがちだが、実は2011年にスウェーデンで創業したばかりの生まれて間もないブランドで、その創業者は当時30歳にも満たない青年フィリップ・タイサンダーだ。そのクラシカルなデザインの源泉は、タイサンダーが06年にオーストラリアを旅していた時に出会ったイギリス紳士が身につけていた、黒とグレーのNATOストラップ(引き通し式のナイロン製ストラップ)にあわせられたロレックスにあり、この紳士の名前こそがダニエル・ウェリントンなのだという。

 旅を終えスウェーデンの地元ウプサラに帰ったタイサンダーは、ネクタイと時計を販売するECサイトを立ち上げた。その事業で2万4000ドルを手にした彼は、オリジナルブランドであるDWを立ち上げ、創業から5年足らずで年間1億8000万ドルのセールスを上げるブランドに成長させた。今年32歳を迎えるタイサンダーは、若くして巨万の富を築いたのだ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』