>   > 【Awich】夫を射殺で失ったラップ界の才媛
インタビュー
ラップ界の才媛が経験した酷烈な道のり

【Awich】壮絶な人生を歩んできた、今もっとも注目すべきフィメール・ラッパーの素顔

+お気に入りに追加

――「エイウィッチ、知ってる?」――そんな話題が巷を席巻している女性アーティストがいる。その求心力は、稀有な人生経験のみならず、豊かな創造力にあった。

1710_DSC0214_4C_520.jpg
(写真/若原瑞昌・D-CORD)

 沖縄で生まれ育ち、その後、アメリカでの波瀾万丈な留学生活を経て、現在は沖縄を拠点に活動している女性ラッパー、Awich。そんな彼女のアーティスト活動のルーツは、9歳から親に内緒で書き始めた“詩”にあったという。

「沖縄の小さい島や家に閉じ込められているという漠然とした思いがずっとあって、夜になると不安で眠れなかった。それを解消するために詩や日記を書いて、自問自答する毎日でした」

 10代に入ってヒップホップと出会った彼女は、即座にラッパーになることを決意。14歳にして沖縄のヒップホップを集めたコンピレーション『Orion Beat』への参加でデビューを飾り、高校卒業後にはファーストEPを発表。10代にして、すでに彼女のラップは完成されているが、本人にとっては満足のいく出来ではなかった。

「“若き実力派”みたいに言われたけど、自分でかっこいいとは思えなかった。子どもだったし、意識が低かったのもあります」

 県内でも屈指の進学校を卒業した彼女は、「起業学を学び」かつ「文化を肌で感じたい」という理由からアトランタの大学へ留学。渡米してすぐに14歳年上の黒人男性と出会い、大学へ通いながら新たな命を授かることになる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』