サイゾーpremium  > 連載  > 西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」  > 『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【26】/俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
連載
『西国分寺哀の「大丈夫?マイ・フレンド」』【26】

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫で

+お気に入りに追加

『広瀬すず』

アリスとの仲が心配だけど、俺が「大丈夫」って言えばすずはきっと大丈夫での画像1

雑誌「セブンティーン」(集英社)の専属モデルを経て女優へ。デビュー当時から世間では「アリスとすずどっちが好きなの?」と松浦亜弥ばりの論争が起こっている。筆者はこれまで「どっちも好き」という母親的スタンスをとってきたが……。


 広瀬アリスとすず、どっちが人気あるの?

 今、この質問をされて、正確に答えられる人がいるだろうか?

「どっちが好き?」ならば簡単だ。個人の好みだから。だが「どっちが人気?」ということになってくると、なかなかに判断が難しい。

 これが、有村藍里と有村架純であれば「次元が違う」くらいのレベルで「架純」と即答できる。髙嶋政宏と高嶋政伸であれば「どっちでもいい」とぞんざいに扱えもするだろう。だが、こと広瀬姉妹においては、なんとなく気を使ってしまわないだろうか? ぶっちゃけ、ちょっと前であれば「すず」と言い切れる時期があった。ただ、この時もアリスの完敗というよりも、3:7ぐらいの割合であったと思う。おそらく本人たちもそのへんは感じていたのではなかろうか。個人的には、それでも仲むつまじい2人の姿を観ていたら「アリスを応援したい」という気持ちが出てきたことは確かだ。そこに「お姉ちゃんがかわいそう」という感情がなかったかと言えば嘘になる。

「そんなの優しさじゃない!」そう言われればそれまでだ。「でも、本当はすずが好きなんでしょ?」と聞かれたら「違う」と否定できたかどうかもわからない。でも、始まりがそんなでもいいじゃないか。今僕が好きなのは、アリスなのだから。

 おそらく、私みたいな人が結構いたのではないだろうか。ここへきて、アリス人気が上がってきているように感じる。女優としての売れ具合もさることながら、大人になったせいか“エロさ”がにじみ出てきた。彼氏ができたことによる影響もあるだろう。しかも、もともとサバサバしたキャラクターだったせいか、彼氏ができたことによるマイナスダメージはあまりなかったように見受けられる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』