>   >   > 人気者りゅうちぇるを科学する!【4】/【森山至貴】ジェンダー論から見るりゅうちぇる

――テレビで見ない日はないと言っていい、大人気タレントのりゅうちぇる。なぜ、テレビ業界や視聴者にこれほどまでに受け入れられるようになったのか? あるいは、そのジェンダーレスなファッションと話し方は、日本社会に潜む“何か”を表象しているのか? この時代の寵児の本質を、複数の視点から解明していきたい。

森山至貴(もりやま・のりたか)

1706_moriyama_150.jpg

1982年、神奈川県生まれ。東京大学大学院総合文化研究科を経て、早稲田大学文学学術院専任教師。専門は社会学、クィア・スタディーズ。著書に『LGBTを読みとく――クィア・スタディーズ入門』(ちくま新書)などがある。


1706_ryu04_230.jpg
“女性”となったKABA.ちゃんと笑い合うりゅうちぇる。

 りゅうちぇるさんは、いわゆるオネエ・ブームの流れから出てきたタレントさんという位置づけではありますが、最初からパートナーのぺこさんと一緒にメディアに出てきましたよね。「異性愛者である」と公言した上でメディアに登場したという点では、新しく興味深い現象だと思います。

 ここで着目すべきは、オネエ・タレントがひとくくりに同じカテゴリに入れられてキワモノ扱いされていたとしても、作り手の意図通りに視聴者が見るわけではないということです。

 例えば、1993年に放送された男性同性愛者を題材にしたドラマ『同窓会』(日本テレビ系)では、男性同性愛が否定的に扱われましたが、当時『同窓会』が放送される夜になると新宿2丁目からゲイがいなくなる、と言われました。それは、みんな家でドラマを見ていたから。つまり、ドラマ自体はゲイに好意的ではなかったけれど、ゲイの人たち自身が盛り上がっていたんです。同様に、ゲイのタレントがからかわれつつもメディアにでることで、一般のゲイがカミングアウトしやすい状況にもなり得るわけです、だから、オネエ・ブームそのものが良いか悪いかではなく、ブームを契機に誰が救われて誰が傷つくのかを冷静に見るべきでしょう。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年10月号

最強のグラビア

最強のグラビア
    特別グラビア(1)
    • 【TikTok】で話題の美人姉妹が水着に!
    ピタピタのヨガウェアがエロい!?
    • ヌケる【筋トレ】グラビア雑誌
    • 【Tarzan】はエロい? 厳選グラビア
    特別グラビア(2)
    • 【山地まり】女性も悶えるセクシーショット
    グラビアを支える縁の下の力持ち
    • 表舞台に立てない!【レタッチャー】のトホホ話
    特別グラビア(3)
    • イメージビデオ界の新星【安位薫】18歳の肉体
    グラドルの登竜門!秋葉原イベントの裏側 声優のグラビア的価値とは?
    • グラビア業界を席巻する【声優】ブームの危険性
    • この【声優】の写真集がすごい!
    特別グラビア(4)
    • 【青山ひかる】がヒップホップなセクシーコス
    女性も楽しめるエンターテイメント空間
    • グラビアで見る【バーレスク】文化概論
    • 【バーレスク東京】オーナーが語る歴史
    奥深い遺影の世界
    • 人生最期のグラビア【遺影】研究
    極楽とんぼ・加藤浩次も大炎上
    • 過激すぎる【AbemaTV】のお色気番組

EXILE・関口メンディーの肉体美

EXILE・関口メンディーの肉体美
    • 【関口メンディー】特別グラビア

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【小瀬田麻由】大失恋したんです。
    • 【本郷杏】美しすぎるポンコツ
    • 【吉岡里帆】を脱がさないで
    • 【ニッポンのサラリーマン】のポテンシャル
    • 特別対談【横浜銀蝿・翔×高須基仁】
    • 【ボン・ジョヴィ】とボンダンス
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【オークワフィナ】女優?芸人?なフィメールラッパー
    • 町山智浩/『クレイジー・リッチ』ハリウッドで起きたアジア人革命
    • 【移民】を認めない世界第4位の移民大国日本
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/平成さくらももこ絵巻
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【オーシャンズ8】肩肘張ったフェミからの脱出
    • 陰毛に執着するオーストラリア人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • クラフトビールを仕込む異色の【ラーメン屋】
    • マスターベーションの悩みから生まれた【薔薇の種】
    • 幽霊、グラビアの美少女よもやま話。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』