>   >   > 美容部員たちのカネと恋愛【1】/【美容部員】が語るフトコロ事情

――むせ返るような香水のにおいが漂う百貨店の1階で、化粧品を販売する華やかな“美容部員”のお姉さんたち。資生堂、シャネル、クリスチャン・ディオールといったブランドの名を背負って働く彼女たちは、薄給でこき使われ、職場の殺伐とした上下関係に苦しんでいる!? 異性交遊などプライベートも含めて、現役美容部員が実情をぶっちゃける!

麗しきメイクに隠された素顔とは?勤務後は化粧落とさずキャバ嬢に!現役美容部員たちの覆面座談会の画像1
資生堂では美容部員のことを「ビューティーコンサルタント」と呼ぶらしい。

[座談会参加者]
A…20代、オーガニック系ブランド勤務
B…20代、外資系ブランド勤務
C…30代、外資系ブランド勤務
D…20代、国産ブランド勤務

──みなさんやはり、おきれいですね。

A きれいな人が多いのは確かかも。特に私はオーガニック系スキンケアブランドなので、お肌が荒れていたら説得力がない。

B でも、ブランドによって差は結構あるよね。一般的に、シャネル、クリスチャン・ディオールはアジアの代表として黒髪&キツめの顔立ちで化粧が濃い。笑ってても目は笑ってない人も多いような(笑)。同じ外資でも、NARS、M・A・Cはモード系、エスティ ローダーは……きれいな人は少ない。

C RMK、ジル スチュアート、アナスイはかわいい系だね。コーセーのブランド、アディクションはモード系で売れているけど、ケバすぎだよ。同じくコーセーの子会社、アルビオンは人数が多い分、差が激しい。花王のエストは普通の人というか……。

D ドゥ・ラ・メールやラ・プレリーなどクリームが5万~10万円もするようなブランドは、客の年齢層が高いせいか、同じように美容部員の年齢層も高いよね。

A ウチはナチュラル系をいいことに、化粧っ気のない人が多いかも。

C 百貨店によっても雰囲気がだいぶ違う。伊勢丹新宿店は忙しいから動ける子が多いし、小田急新宿店のような年配客が多いところはゆったりとした優しい子、渋谷の東急本店はゆるやかな子、西武渋谷店や池袋店のような人が多いところはバリバリ働ける体育会系、横浜タカシマヤは地元の昔からの顧客が多いので話し上手なベテラン……というイメージ。

B ウチのブランドは、渋谷と銀座の店舗にきれいどころを集めていると聞いたよ。ただ、あまりにきれいすぎると近寄りづらくなってしまうので、美容部員それぞれに顔に点数を付けて合算、バランスを配分しているらしい。制服のサイズも厳しくて、銀座三越で働く場合は5号まで、とか。だから、太ったらダメなんだよ。

C 私が働いていて思うのは、やはり伊勢丹新宿店のブランド力。あそこで働いている子に対しては周りの扱いも違うし、実際に毎日朝礼で昨日の売り上げと今日の予算を確認していると聞いて、しっかりしてるんだなと思った。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学
    • 【アラーキー問題】の本質とは?
    • 【小原真史】私写真という怪物について
    • 【板倉由美】法的問題はどこにあるのか
    • 【黒瀬陽平】法に触れた芸術家は沈黙すべきでない
    • 【田中東子】フェミニズムとアラーキー
    • 進化する【LGBT】写真の美意識
    • インスタ炎上姫【水原希子】研究
    • 【水着グラビア】は性の商品化か?
    • アメリカ写真雑誌と【人種差別】
    • 奇妙すぎる【戦争写真】を発掘
    • サイゾー的【カメラ批評】
    • 写真が形作ってきた【偽史】
    • 報道写真をめぐる【加工】の境界線
    • 歴史を変えた【報道写真】の光と影
    • 【AI】進化でカメラマンが消滅する日
    • 世界を変える最先端【画像技術】
    • 【学問としての写真】最新潮流
    • 海外の【写真教育】事情
    • デジタル時代の【お焚き上げ】事情

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』