>   >   > 美容部員たちのカネと恋愛【1】/【美容部員】が語るフトコロ事情

――むせ返るような香水のにおいが漂う百貨店の1階で、化粧品を販売する華やかな“美容部員”のお姉さんたち。資生堂、シャネル、クリスチャン・ディオールといったブランドの名を背負って働く彼女たちは、薄給でこき使われ、職場の殺伐とした上下関係に苦しんでいる!? 異性交遊などプライベートも含めて、現役美容部員が実情をぶっちゃける!

麗しきメイクに隠された素顔とは?勤務後は化粧落とさずキャバ嬢に!現役美容部員たちの覆面座談会の画像1
資生堂では美容部員のことを「ビューティーコンサルタント」と呼ぶらしい。

[座談会参加者]
A…20代、オーガニック系ブランド勤務
B…20代、外資系ブランド勤務
C…30代、外資系ブランド勤務
D…20代、国産ブランド勤務

──みなさんやはり、おきれいですね。

A きれいな人が多いのは確かかも。特に私はオーガニック系スキンケアブランドなので、お肌が荒れていたら説得力がない。

B でも、ブランドによって差は結構あるよね。一般的に、シャネル、クリスチャン・ディオールはアジアの代表として黒髪&キツめの顔立ちで化粧が濃い。笑ってても目は笑ってない人も多いような(笑)。同じ外資でも、NARS、M・A・Cはモード系、エスティ ローダーは……きれいな人は少ない。

C RMK、ジル スチュアート、アナスイはかわいい系だね。コーセーのブランド、アディクションはモード系で売れているけど、ケバすぎだよ。同じくコーセーの子会社、アルビオンは人数が多い分、差が激しい。花王のエストは普通の人というか……。

D ドゥ・ラ・メールやラ・プレリーなどクリームが5万~10万円もするようなブランドは、客の年齢層が高いせいか、同じように美容部員の年齢層も高いよね。

A ウチはナチュラル系をいいことに、化粧っ気のない人が多いかも。

C 百貨店によっても雰囲気がだいぶ違う。伊勢丹新宿店は忙しいから動ける子が多いし、小田急新宿店のような年配客が多いところはゆったりとした優しい子、渋谷の東急本店はゆるやかな子、西武渋谷店や池袋店のような人が多いところはバリバリ働ける体育会系、横浜タカシマヤは地元の昔からの顧客が多いので話し上手なベテラン……というイメージ。

B ウチのブランドは、渋谷と銀座の店舗にきれいどころを集めていると聞いたよ。ただ、あまりにきれいすぎると近寄りづらくなってしまうので、美容部員それぞれに顔に点数を付けて合算、バランスを配分しているらしい。制服のサイズも厳しくて、銀座三越で働く場合は5号まで、とか。だから、太ったらダメなんだよ。

C 私が働いていて思うのは、やはり伊勢丹新宿店のブランド力。あそこで働いている子に対しては周りの扱いも違うし、実際に毎日朝礼で昨日の売り上げと今日の予算を確認していると聞いて、しっかりしてるんだなと思った。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...
この記事を購入※この記事だけを読みたい場合、noteから購入できます。

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年11月号

禁断の家電・ガジェット

禁断の家電・ガジェット
    • テック系企業の【経済地理額】
    • 次世代のテック系【注目都市】
    • 世界を席巻する【アジア家電】
    • 【D.O.I.×BERBAL】安室奈美恵論
    • 【アムロ】を支えたPの本音
    • 知られざる地方【テック企業】
    • 米国【大麻用電子たばこ】産業事情
    • 【星名美津紀】家電とエロス
    • 進化し続ける【アダルトVR】の今
    • 最新【バーチャルセックス】のしくみ
    • 【三代目JSB・山下健二郎】スニーカー愛
    • 【三代目Air Jordan Brothers】選出!
    • 【リバタリアン】生んだネットの終焉
    • 各国【ネット規制】の事件簿
    • 【ゲーム依存】はビョーキか否か?
    • 【モノ雑誌】の「読プレ」豪華番付
    • 【景品表示法】を弁護士はどう見るか

防弾少年団がアメリカを制する日

防弾少年団がアメリカを制する日
    • 今さら聞けない【BTS】基礎講座
    • 数字で見る【K-POP】世界進出
    • BTS支持層【アジア系アメリカ人】の連帯

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【忍野さら】友達の財布に私のトレカを入れるんです。
    • 【小林レイミ】デビュー4年目の初グラビア!
    • 振り返れば【芽衣】がいる
    • 【電力業界】に切り込んだ元フィンテック起業家
    • 【新潮45】を潰したのは誰だ!
    • 【阿波踊り】内紛の実情
    • 【中国】を支配する巨大顔認証システム
    • 【88ライジング】がアジアと米国を繋ぐ
    • 町山智浩/『ブラック・クランズマン』アメリカ・ファーストを謳うのは誰か
    • 政権の利益誘致政策に踊らされる【英語教育】の欺瞞
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 「念力事報」/黒い水脈
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【おとぎ話みたい】文化系男子が患う恋愛の病
    • ギャング集団に所属するアパレル屋
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ビールの世界を超越し始めた【職人】
    • ひとりぼっちたちを繋ぐ【薔薇族】の誕生
    • 幽霊、雑誌の去勢と俗物主義の衰退。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』