サイゾーpremium  > 連載  > 磯部涼の「川崎」  > 磯部涼の「川崎」
連載
磯部涼の「川崎」【6】

【磯部涼/川崎】不況の街のレイヴ・パーティ

+お気に入りに追加

日本有数の工業都市・川崎はさまざまな顔を持っている。ギラつく繁華街、多文化コミュニティ、ラップ・シーン――。俊鋭の音楽ライター・磯部涼が、その地の知られざる風景をレポートし、ひいては現代ニッポンのダークサイドとその中の光を描出するルポルタージュ。

1606_kawasaki_01.jpg
川崎区の工場地帯で、4月30日の夜から5月1日の昼にかけて開催された〈DK SOUND〉

 夜が明けようとしていた。空の色が次第に黒から青へと変わり、闇に埋もれていた工場群のシルエットが、型抜きでもするかのように浮かび上がる。めくるめく世界をつくり出していたプロジェクション・マッピングの色味は薄れ、汚れた壁が露わになる。一方、没入して踊っていたダンサーたちは、現実に引き戻されるとともに、周囲にいるたくさんの仲間の存在に改めて気づき、熱気は否応なく高まっていく。そこにいる誰もが笑顔だった。酔い潰れて地べたに転がっている人でさえも。DJはフロアをさらに燃え上がらせるために、トレス・デメンテッドの「デメンテッド(オア・ジャスト・クレイジー)」をミックスする。原始的なパーカッションの上で、狂ったような咆哮が鳴り響く。目の前にいる女性が緑色に染めたロングヘアを振り乱しながら、天を仰いだ。川崎区臨海部にある工場の屋上で行われていたレイヴ・パーティ、〈DK SOUND〉のピークタイムが始まった。

タワーマンションから見下ろす川崎の工場群、ドヤ街、風俗街

1606_kawasaki_04.jpg
夜が明けた後、TRAKS BOYSのDJプレイが始まり、観客たちの盛り上がりは最高潮に。

 地上200メートルから見下ろす川崎の街は、両手を広げれば抱え込んでしまえそうだ。左前方に流れる多摩川の奥側、大田区の河川敷は人工的に整えられ、無数のグラウンドが規則正しく配置されている。対して手前側、川崎区の河川敷は草が伸び放題になっている。2015年2月に少年の惨殺死体が発見されたのはそのあたりだ。そして、彼が犯人グループに飛び込まされた川に沿って視線を滑らせていくと、顔がゆっくりと右側を向き、東京湾を背にした工場群が目に留まる。この日は曇り空で、煙突から絶え間なく排出される煙が世界を覆っているかのようだ。手前には、高速道路が見える。下には、目視できないが、通称・産業道路が走っているはずだ。それを挟んで後方が、工場で働いていた労働者たちが建てたバラック群がルーツである迷路状の街、池上町。前方がヘイト・デモの標的になった多文化地域、桜本。もしくは、視線を落とせば、簡易宿泊所が立ち並ぶ日進町や、ちょんの間が現存する堀之内が眺められるし、再び視線を上げれば、〈DK SOUND〉の会場を見つけられるかもしれない。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年7月号

ヤバい本150冊

ヤバい本150冊

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」

乃木坂46・斉藤優里「7秒のしあわせ」
    • 【斉藤優里】卒業記念写真集

インタビュー

連載