>   >   > イスラム学者が語る【アラブとアニメ】
第1特集
アラブにおける日本のアニメの影響【1】

偶像崇拝のタブーなどニ次元には関係なかった!【イスラム法学者・中田考】が語るアニメとイスラム

+お気に入りに追加

――2015年末、アニメ『ノラガミ ARAGOTO』の製作委員会が本編内において、イスラム教にかかわる音声の不適切な使用があったと謝罪した。宗教的、文化的違いから、日本のアニメのイスラム圏への進出の難しさがたびたび指摘されてきたが、その真意とは何か?ここでは、イスラム社会、特にアラブ社会をより理解すべく、イスラム法学者・中田考氏と共に、その影響を考えていきたい。

1603_anime_01.jpg
(写真/佐藤裕信)

──今回はイスラム圏における日本のアニメやマンガなどの影響について、中田先生にお話をおうかがいしていきたいと思います。そもそも、先生ご自身もツイッターでアニメなどの話をされていて、かなりお好きな印象があるのですが……。

中田 考(以下、中田) ネットにいろいろと書かれている影響か、私がサブカル好きという噂があるんですよね(笑)。ですが、少し誤解なんです。私は『鉄人28号』や『鉄腕アトム』など、往年の人気アニメをリアルタイムで見てきた世代。そういう意味で、アニメに対しては多少リテラシーがありますが、特別詳しいというわけではありません。それに、最近でこそまたアニメを見るようになりましたが、以前はほとんど見ていませんでしたから。というのも、修士課程が終わって、1987年から8年ほどエジプトやサウジアラビアで生活していましたし、当時は現在と違ってインターネットもなかったですからね。そこで一度離れたので、それから見る機会がなかったんです。

──ちなみに、最近はどんなアニメを?

中田 最近見たのは、『昭和元禄 落語心中』(MBSほか)ですね。もともとマンガを読んでいて、アニメ版も見ました。それから、小説をアニメ化した『アルスラーン戦記』(TBS系)や、西尾維新さんのライトノベルが原作の『物語』シリーズ(TOKYO MXほか)も好きです。中でも『化物語』は、個人的にヒロインの戦場ヶ原ひたぎさんが好きで。あとは『俺ガイル(やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。)』(TBS系)も楽しく拝見しました。それから……

──十分、お詳しそうですね(笑)。先ほどお話に出ましたが、中東で生活されていた頃は、日本のアニメやマンガに触れる機会はまったくなかったんですか?

中田 いえ、エジプトにいた時は、日本の少女マンガをよく読んでいました。というのも、当時家庭教師のバイトで暮らしていた私は、現地に滞在している商社や駐在員の方が子どものために日本から購入したマンガを、彼らが読み終わった後にいただいていたんです。「なかよし」(講談社)とかもありましたね。あとは、日本から劇場版『うる星やつら』のビデオなどを持っていって見ていました。

──当時、現地では、まだ日本のアニメは見られなかったんですか?

中田 『アルプスの少女ハイジ』などは、すでに人気でしたよ。80年代、日本のアニメはまず、『ハイジ』をはじめ、『フランダースの犬』や『赤毛のアン』など、日本製に見えないものが、イスラム世界の人々に受け入れられていきました。それまで、中東などイスラム世界におけるアニメといえば、カートゥーン(欧米の子ども向けアニメ)だったんです。代表的なのは『トムとジェリー』。あれは、大人も子どもも大好きで、飛行機の機内放送でも流されていましたから。そうした中で、日本のアニメも“西洋文化のひとつ”として伝わっていったのでしょう。

 その後、日本の作品として認知され、爆発的にヒットする作品も生まれていきます。あちらでは『キャプテン・マージド』[註1]と呼ばれる、『キャプテン翼』(テレビ東京系)がその代表的な作品です。中東で一番人気のあるスポーツはサッカーという背景もあり、私が滞在している際にも、現地で繰り返し再放送され、認知度も高かったですね。そして、最近では『NARUTO-ナルト-』(テレビ東京系)が人気。中東の人たちも、欧米同様、忍者モノが好きなようですね。ただし、現在テレビで放送されている日本アニメはごく一部で、ほとんどの人は、無料の動画サイトで見ているようです。

──イスラム圏でも、日本のように大人もアニメを楽しんでいるのでしょうか?

中田 基本的には、アニメを見ているのは子どもたちだと思います。アラブにもトルコにも、いわゆる“オタク”と定義できるような大人たちはいるのですが、その数はまだごく少数。イスラム国(IS)に行った時にも、『るろうに剣心』(フジテレビ系)が好きでコスプレを楽しんでいたタタール系のロシア人[註2]がいましたが、日本のサブカルチャーが、今後どこまで広がるかはわかりません。特に中東は、マッチョで家父長的な文化が根強い。子どもっぽいものは、馬鹿にされる風潮がありますので。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本
    • 【ジャンプ】部数暴落へ
    • 【マンガアプリ】成功の秘訣
    • 【ウェブ発エッセイマンガ】乱れ咲き
    • 【エッセイマンガ】あるある
    • 【こじらせ女子マンガ】の功罪
    • 人気マンガ【AKIRA】の寿命
    • マンガの常識を超えた【大友発明】
    • 日常を語る【戦争マンガ】の現在
    • 【手塚治虫】の戦争マンガ
    • 【しりあがり寿】4コマ描写の禁忌
    • 【接吻】で読む最新少女マンガ
    • 読むべき【キスマンガ】6選
    • 【ティーンズラブ】が熱い理由
    • 広告バナーでよく見る【TL】の中身
    • 時代は射精より【ウ♡チ】?
    • 【封印マンガ】はなぜ生まれたのか
    • 【筋肉マンガ】を科学検証!
    • 【刃牙】筋肉名場面
    • 経済評論家が読む【闇金マンガ】
    • 【日本マンガ翻訳】の限界
    • 変化する【フランス】マンガ市場
    • 【フランス】翻訳出版社6大勢力
    • 【マンガ雑誌】の危機的状況

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」