>   >   > 【町山智浩】無政府状態のソマリアで海賊が生まれた背景
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第74回

無政府状態のソマリアで海賊が生まれた背景

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『キャプテン・フィリップス』

1312_machiyama_01.jpg

2009年4月にソマリア沖で起こった、マースク・アラバマ号シージャック事件を元にしている。ケニアに向かうべく航海であったフィリップス船長(トム・ハンクス)の前に海賊が現れる。彼らはフィリップス船長を人質に取るが、アメリカ本国は、国の威信をかけて海軍特殊部隊SEALsを出動させた――。

原作/リチャード・フィリップス、ステファン・タルティ 監督/ポール・グリーングラス 出演/トム・ハンクスほか 日本での公開は、11月29日(金)より全国ロードショー


「オバマは、やる時はやる」

 そう世界に知らしめたのは、就任間もなく起こった、ソマリア海賊によるアメリカ貨物船シージャック事件の解決だ。

 人質になったフィリップス船長は、自らの体験を『キャプテンの責務』と題して出版した。その映画化『キャプテン・フィリップス』では、トム・ハンクスが船長を演じる。

 2009年4月8日、コンテナ輸送船マースク・アラバマ号は、アラビア半島のオマーン王国からケニアに向かって出航した。しかし、その途中、インド洋に向かって突出しているソマリア沖を通らねばならない。そこでは海賊行為が横行していた。

 ソマリアは1960年にイギリスから独立して以来、政権をめぐって内戦が続いている。治安を維持する中央政府がなく、海賊が野放しになった。彼らはタンカーや貨物船を襲った。目的は積荷や現金より、乗組員を人質にとって要求する身代金だ。

「ソマリア沖を迂回するべきでは?」乗組員の提案をフィリップス船長ははねつける。現在、船長は海賊の危険を回避しなかったとして訴訟になっているが、船長の言い分はこうだ。「海賊は大型漁船を母船にすることでインド近くまでを勢力範囲に広げているので、迂回しても無駄だ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年9月号

日本のタブー2017

日本のタブー2017
    • 【ハクソー・リッジ】はなぜ炎上?
    • 【フリーメイスン】ビジネスの裏側
    • 【ネタ消費】されるフリーメイスン
    • 世間を洗脳する【PR会社】の実像
    • 有名事案で暗躍した【PR会社】の功績
    • 【世界遺産】乱立の真相
    • 【福岡・北九州】相克の近代100年史
    • 九州で蠢く【闇ビジネス】の実相
    • 【七社会と麻生グループ】の癒着
    • 【ナマモノBL】は本当にタブーなのか?
    • 【福山雅治】もハマったBL妄想
    • 【音楽業界】の歌詞"自主規制"問題
    • キスもNG?保険ありきの【MV】事情
    • 【ぱちんこ】出玉規制強化に見る警察の本音
    • 【ぱちんこ】は北朝鮮の資金源か!?
    • 急増する【仮想通貨】詐欺の最前線
    • 【仮想通貨】誕生の背景
    • 【優生学】の歴史的背景と真実
    • 日本国内外の【優生保護法】
    • 【うんこドリル】から考えるミソジニー
    • 【うんこドリル】に見る哲学的例文集

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 園都「B90センチGカップを隠しながら」

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ

早乙女ゆう、食品サンプルとカラむ
    • 【18歳の現役JD女優】禁断のカラみ

NEWS SOURCE

連載

    • 【小倉優香】運気上がってるんです。
    • 【早乙女ゆう】食品サンプルとカラむ!
    • 【萩原みのり】ゆずの「いつか」に涙する
    • プロで日本王座も獲ったボクシング選手
    • 俺が大丈夫って言えば【すず】はきっと大丈夫で
    • 日本の遅れた【IT】事情を改善する最後のチャンス
    • サブカルチャーの終焉を見た
    • 【田原総一朗】というジャンルが見せるトークの妙
    • 祭りと【フリースタイル】の相性
    • デイヴィッド・ヒュームの【人性論】を読む
    • 【モブ・ディープ】黄金期を支えた巨星墜つ
    • 世界はいま本当に【テロ】の時代か?
    • 謎の【スメリズム】は18世紀欧州の"気功法"!?
    • 『この世に私の居場所なんかない』義憤に燃える介護士の血みどろコメディ
    • 【ポスト安倍候補】が語る自民党の「これまで」と「これから」
    • 戦死者たちの肖像(上)
    • もやもや籠池劇場
    • 男にはマネできないこの回転!まわるバイブで未知の体験を
    • 【サプリ】「こじらせ女子」とは社会に立ち向かう女性たち
    • 「フェティポップ」とはなんぞや?
    • 【紀宮様の婚約会見】を振り返り、眞子様と小室さんの未来を占う
    • タブーすぎる野球裏話…幽霊、興行は清濁併せ呑む暇つぶし
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』