>   >   > 【町山智浩】無政府状態のソマリアで海賊が生まれた背景
連載
町山智浩の「映画がわかる アメリカがわかる」 第74回

無政府状態のソマリアで海賊が生まれた背景

+お気に入りに追加

雲に隠れた岩山のように、正面からでは見えてこない。でも映画のスクリーンを通してズイズイッと見えてくる、超大国の真の姿をお届け。

『キャプテン・フィリップス』

1312_machiyama_01.jpg

2009年4月にソマリア沖で起こった、マースク・アラバマ号シージャック事件を元にしている。ケニアに向かうべく航海であったフィリップス船長(トム・ハンクス)の前に海賊が現れる。彼らはフィリップス船長を人質に取るが、アメリカ本国は、国の威信をかけて海軍特殊部隊SEALsを出動させた――。

原作/リチャード・フィリップス、ステファン・タルティ 監督/ポール・グリーングラス 出演/トム・ハンクスほか 日本での公開は、11月29日(金)より全国ロードショー


「オバマは、やる時はやる」

 そう世界に知らしめたのは、就任間もなく起こった、ソマリア海賊によるアメリカ貨物船シージャック事件の解決だ。

 人質になったフィリップス船長は、自らの体験を『キャプテンの責務』と題して出版した。その映画化『キャプテン・フィリップス』では、トム・ハンクスが船長を演じる。

 2009年4月8日、コンテナ輸送船マースク・アラバマ号は、アラビア半島のオマーン王国からケニアに向かって出航した。しかし、その途中、インド洋に向かって突出しているソマリア沖を通らねばならない。そこでは海賊行為が横行していた。

 ソマリアは1960年にイギリスから独立して以来、政権をめぐって内戦が続いている。治安を維持する中央政府がなく、海賊が野放しになった。彼らはタンカーや貨物船を襲った。目的は積荷や現金より、乗組員を人質にとって要求する身代金だ。

「ソマリア沖を迂回するべきでは?」乗組員の提案をフィリップス船長ははねつける。現在、船長は海賊の危険を回避しなかったとして訴訟になっているが、船長の言い分はこうだ。「海賊は大型漁船を母船にすることでインド近くまでを勢力範囲に広げているので、迂回しても無駄だ」

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年5月号

ウェブ(禁)新論

ウェブ(禁)新論

マンガで学ぶ「(裏)社会学」

マンガで学ぶ「(裏)社会学」
    • 【実際のヤクザ】に聞いた下半身事情
    • 【ヲタめし】ハロプロヲタのライブ後

華村あすか、19歳のプライベートセクシー

華村あすか、19歳のプライベートセクシー
    • 【華村あすか】クダモノとカラミます。

インタビュー

連載

    • 【アンジェラ芽衣】けっこう根暗なんです。
    • 【宮下かな子】森田童子にゾクゾク
    • 【冨手麻妙】映画界に愛された女優の身体
    • 密かに好成績を残した剣の貴公子
    • 【由美子】の夢は夜ひらく
    • 行政法研究者が語る日本の行方
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【品川ヒロシ】が夜通し語る映画愛
    • 継続危機と対峙する【秋田の伝統祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【XXX Tentacion】SNS厄介者たちの続く伝説
    • 【元スパイ襲撃被害】スパイによる本当の諜報活動
    • ナチスの【優生学】が投げかけるもの
    • 町山智浩の「映画でわかるアメリカがわかる」/『サバービコン』
    • 実話を元に描かれた【映画でわかる】社会の病巣
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/森友ふたたび
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 女はなぜ皆【星野源】を欲するのか?
    • 俺と伝説のラッパーたちとの交遊録
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文化系連合赤軍な雑誌の終焉。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』