サイゾーpremium  > 特集  > タブー  > NIGOの住む“裏原御殿”は「これでもか...
第1特集
ついにお陀仏! 裏原ファッション【2】

NIGOの住む“裏原御殿”は「これでもか!」という悪趣味の嵐

+お気に入りに追加
1307_urahara_07.jpg
写真上/エイプ柄の迷彩に塗装されたロールスロイス「ファントム」。写真下/ブリンブリン(キラキラしたアクセサリー)をぶら下げたファレル・ウィリアムスとNIGO。

 ア・ベイシング・エイプの創始者NIGOといえば、アパレル業の傍ら、本家の藤原ヒロシ(NIGOの名前の由来は、藤原ヒロシに似ていることから「藤原ヒロシ2号」と愛称がつき、その中の「2号」をローマ字表記にしたもの)を真似てDJとしても活動し、音楽好きとしても知られている。初期のNIGOは文化系オタクのような雰囲気のマッシュルームカットで、コーネリアスやスチャダラパーなど、いわゆる“90年代渋谷系ミュージシャン”の人脈を自らのブランドの宣伝に利用した。実際に当時のNIGOを知る人間からは「酒も飲めず、とにかく真面目だった」といった評価が漏れてくる。

 しかし99年にレコードレーベルAPE SOUNDS(現BAPE SOUNDS)を立ち上げた頃からその印象はガラリと変化する。アメリカの音楽プロデュースグループであるザ・ネプチューンズのファレル・ウィリアムスとは英語ではロクに会話できず通訳まかせだったようだが、急激にヒップホップにハマり、02年にはスヌープ・ドッグのPVにファレルと共に出演し、05年にはファレルと共同でブランドを設立。ファレルと盟友となる。海外セレブ人脈の影響をモロに受けて極端な成金趣味に傾倒していった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年3月号

欲望の美人学

欲望の美人学

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ

乃木坂46・斉藤優里のパジャマパーティ
    • 乃木坂の太陽【斉藤優里】が登場!

インタビュー

連載

    • 【園都】サウナーなんです。
    • 【平嶋夏海】美尻アイドルの偏愛録
    • 【88rising】世界戦略の真実
    • 深キョン熱愛ショック!【恭子から俺は!!】
    • 世界中で議論される【AIと倫理】
    • 高須基仁/【エロ】の匂いを消すこの国に抗う
    • 映画【盆唄】に見る人々のたくましさ
    • 【ファーウェイ】創業者の素顔を追う
    • 【ブラック・クランズマン】に思うファンクとディスコの70年代
    • 町山智浩/【バイス】ブッシュを操る副大統領
    • 厚労省の【不正統計問題】と統計軽視の代償
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人/【嵐】の夜に
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 稲田豊史/希代のマーケター【西野カナ】
    • 【アッシュ×スラッシュ】実弟が聞くキワどい話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • ニコタマに地ビールを!【ママ友】たちの挑戦
    • 伊藤文學/【新世代ゲイ雑誌】の価値観
    • 更科修一郎/幽霊、【サイコパス】に救われたい人々。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』