サイゾーpremium  > 特集2  > 自己啓発本の名著を【とがしやすたか】と読む

──自己啓発本といえばコレ! という超定番、古典の名著を『青春くん』(小学館)のとがしやすたかが4コママンガでサクっと紹介。これで気になる内容がまるわかり!?

■己の思いが清ければ万事OK!
『「原因」と「結果」の法則』
ジェームズ・アレン
(坂本貢一・訳/サンマーク出版/1260円)

1207_manga1.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。
1207_92p_01.jpg

1902年刊行。世界で今なお売れ続け、聖書に次ぐロングセラーともいわれ、デール・カーネギーなどの自己啓発本作家にも影響を及ぼした一冊。著者の主張を簡単にいうと「自らの思いが人生におけるすべての出来事と環境を形作る」ということ。アレンによれば、清く正しい思いを抱いている人間には良い結果が、誤った悪しき思いを抱いている人間には悪い結果が出るのである。まあ、そうだったらいいなと思うけど、現実はそんなに甘くないよね、なんていうツッコミが口に出るのは誤った、悪しき思いを抱いている証拠です!

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年8月号

中韓エンタメ(禁)大全

中韓エンタメ(禁)大全

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー

韓国人気モデル「ジェナ」日本初セクシー
    • 【ジェナ】韓国の美モデル参上

インタビュー

連載

    • 【小倉優香】韓国の友達が多いんです。
    • 【日向カリーナ】ブラジル系モデルの古風な一面
    • 愛しさと、切なさと、【熊田曜子と】
    • スマホとSNS以降の【ネットの未来】
    • 【安藤寿康】人間は"教育"によって生かされている(前)
    • 高須基仁/【反社】との交際くらいで騒ぐな!
    • 己の殻を破る【ギャル】が祭に集う
    • 中国【ファッションアプリ】の裏事情
    • 【Lil Nas X】栄光と挫折と突然の告白
    • 町山智浩/【トム・オブ・フィンランド】ゲイ・カルチャーの革命家
    • 医師と大手メディアと【製薬会社】の利益相反
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/闇営業物語
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/『ホットギミック』"鈍い女"がモテる理由
    • LAのDJが懐古する【90年代のクラブシーン】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 【都市計画】のスペシャリストがビールで街を盛り上げる!
    • 幽霊、殺されても咎人となるニート。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』