>   >   > 【カンパニー松尾】が語るハメ撮りとカメラの進化

1207_matsuo.jpg

カンパニー松尾(かんぱにー・まつお)
1965年、愛知県生まれ。87年、過激な作品性で知られたAVメーカー・V&Rプランニングに入社後、88年、『あぶない放課後2』でAV監督デビュー。ハメ撮りといえば彼、というほど有名なハメ撮りAV監督として知られ、03年にはAVメーカー・ハマジムを設立。AV以外でも幅広く精力的に活躍中。

──カンパニーさんは現在、原宿に居を構えるAVメーカー・ハマジムを中心に活躍され、ミュージシャン・豊田道倫氏のライブをカメラに収め続けるなど、まごうことなき原宿系クリエイターでおいでです。さて、ハメ撮りといえば、ハンディタイプのビデオカメラ。といえばやはりソニーですか?

カンパニー松尾(以下、) この取材の話を聞いた時は「よくぞ私に」と思いましたよ!というのもね、ハメ撮り発展の歴史というのは、ソニーのハンディカムの進化の歴史とバッチリかぶっているんですよ。ハンディカムがなかったら今の俺はいません。

──いきなり話がトップギアに入りましたね。

 僕のAV監督デビューが1988年で、Hi8機第1号のハンディカムCCD-V900が出たのが89年ですからね。当時のAV撮影現場はテレビ番組の制作現場と一緒で、業務用の大きくて高額なカメラと、たくさんのスタッフが必要でした。そもそも、小さいビデオカメラというものがほぼ存在していなかったんです。村西とおる監督も、パンツ一丁で業務用のやたらデカいベーカムを肩に担いでいたでしょう?

──そこへ小型のハンディカムが登場して、ようやくハメ撮りの本史が始まる、と。

 プロユースとしてハンディカムを使ったのは、AV業界が最も早かったと思います。後に『進め!電波少年』(日本テレビ系)などでハンディカムが使われるようになりましたが、テレビへの導入はAVから5年は遅れていました。実際、画像が粗すぎてテレビ放送用には使えなかったんですよ。でも、AVではそれがかえって味わいになっていたし、女の子と2人きりで街中で撮影してもけげんな顔をされないというメリットが大きかった。そして、何よりコストですね。1日数十万円かかる人件費と同じ値段で、カメラが手に入っちゃうんですから。

──経費とスタッフがいらず、よりそそられる絵が撮れると。

 まず、伊勢鱗太朗監督が、本編のおまけコーナーに、ハンディカムを楽屋に持ち込んでそのままヤっちゃうみたいな使い方をしていました。一方で業界全体としてはAVバブルで、単体女優全盛時代から、やがてジャンルが細分化して企画モノが始まった時期です。ぼくが『私を女優にして下さい』でハメ撮りを始めた91年頃には、露出モノや盗撮モノにハンディカムが使われていましたね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年8月号

男と女の性愛学

男と女の性愛学
    • 美人は残れない【女子アナ】新世紀
    • 世界の【女人禁制】スポットの歴史
    • 広告と【ジェンダー】の亀裂
    • 【生理用ナプキン】の考現学
    • 男子の疑問【生理用ナプキン】Q&A
    • 新たな性犯罪【ディープフェイク】
    • 【ヒップホップと尻】を科学する
    • ヒップホップ界の【尻アイコン】6人
    • 【性器形成】手術の進化論
    • 【性器形成】のプロセスを解説
    • 【ブロックチェーン】で刻む愛
    • 【信用創出】が課題の婚姻制度
    • 【女性活躍】を謳う職場の嘘
    • 【女性マンガ家】のエロ実体験
    • LGBT時代に問う【BL】の功罪
    • 【おっさんずラブ】はゲイ差別か?
    • 【ハウツーSEX本】の歴史的変遷
    • 【芸能人】と一般人の合コン最前線

橋本梨奈とギャル文化再考

橋本梨奈とギャル文化再考
    • 日本一"黒い"グラドル【橋本梨奈】登場

NEWS SOURCE

    • 相次ぐ【ラッパー】薬物逮捕の嘘
    • 【渡辺謙】ハズキルーペCM起用の怪
    • 【RADWIMPS】HINOMARU騒動の裏事情

インタビュー

    • 【小川紗良】是枝監督も注目の現役女子大生
    • 【ましのみ】実力派の不思議ちゃん
    • 【野口健】死による生への執着について

連載

    • 【都丸紗也華】ラーメン禁止なんです。
    • 【さとうほなみ】おじさまとセッション
    • 【酒井萌衣】元SKE48、夏の決意
    • パラアスリートの社会復帰
    • 【珠理奈】に傷心
    • ニッポンを救うCDOに求められる条件
    • 高須基仁の「全摘」
    • 伝統を守る【神田明神】の挑戦
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【袴田事件再審棄却】検察と司法の体たらく
    • 町山智浩/『Leave No Trace』公園で発見された父娘の言えない傷
    • 【ゲノム編集】が侵す人類の未来
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/サッカー日本代表に捧げる短歌
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【あげくの果てのカノン】不倫にハマる卑屈女子の実態
    • 永井豪にインスパイアされた外国人アーティスト
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 和食に合う食中酒を求めて【ビール】を造る
    • 幽霊、女のいないポルノグラフィティへ。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』