>   > 【文壇端っこ対談】渡部直己×小谷野敦 日...

──一般的にタブーとされている事柄、たとえば大企業の裏側や天皇制に触れた気骨ある小説は多々ある。しかし現在の「文壇」において禁忌とされるのは、それらよりもむしろ、作品の批評にあるという。共に苛烈な批判を繰り広げることで文壇の嫌われ者となった文芸批評家2人が、文壇の今を憂う。

bs_taidan.jpg
(写真/江森康之)

渡部(以下、)いわゆる文壇タブーの一本筋っていうのは、基本的には"天皇"ですよ。

小谷野(以下、)劇作家の坂手洋二の演劇『だるまさんがころんだ』がNHK衛星放送で上演されたとき、冒頭に林あまりと鈴木裕美と坂手の鼎談があったんだけど、そこで一回も坂手の作品名については言及されなかった。なぜかというと、坂手の作品といえば読売演劇大賞を受賞した『天皇と接吻』【1】がある。これは、結構厳しい天皇制批判の内容だから。

 大江健三郎の『セヴンティーン第二部 政治少年死す』【2】は、深沢七郎『風流夢譚』(「中央公論」60年12月号に掲載)と並ぶ、戦後の天皇小説の代表作。

 昭和35年の、浅沼社会党委員長刺殺事件を下敷きにした作品で、右翼団体の抗議に遭ったために単行本は出ていないけど、(後に所収)鹿砦社の『スキャンダル大戦争2』に掲載されていました。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年7月号

タブーな本150冊

タブーな本150冊
    • 【出版業界】やっぱり死す!?業界裏話
    • 【EXILE】が熱く語る自己啓発本の世界
    • 【AI本】が説く人類の幸福論
    • 【サッカーとカネ】を暴く書籍群
    • 【鈴木ふみ奈】Hカップが本まみれ
    • 【人気声優】の新書が増えたナゼ
    • 【現役声優】話題の新書を辛口批評
    • 【韓国】の近代化を知るための1冊
    • 【脱北者】たちの告白本の中身
    • 【アメリカ人種差別】の今をえぐる本
    • 【LGBT】と日本近代文学(秘)史
    • 【アメリカ】文学とLGBT
    • ヤバい【SF小説】の耽美な世界
    • エキサイティングな【米国】の書評
    • 【ミチコ・カクタニ】のアートな書評
    • 【校閲者】が語る言葉狩り

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア

SKE48・惣田紗莉渚 封印入浴グラビア
    • 【惣田紗莉渚】の未公開セクシーショット

インタビュー

連載

    • 【RaMu】週5でラーメン行っちゃうんです。
    • 【池田美優】浜崎あゆみの歌が響く
    • 【森田ワカナ】吉木りさに憧れる童顔巨乳
    • 多額の強化費の先を見た飛込選手
    • 文春砲を食らった?【七瀬】ふたたび
    • 通信の理想と現実の狭間で揺れる中立性
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【曽我部恵一】がFUCK YOU音頭を作る
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ジャネール・モネイ】アンドロイドから人間へ
    • 【広島脱走事件】開放刑務所の奇跡的大成功
    • 【サヴァン症候群】なる局所的能力
    • 町山智浩/『ウインド・リバー』先住民保留地とアメリカの闇
    • 【タバコ規制】を妨げる利権たち
    • 小原真史の「写真時評」
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【恋は雨上がりのように】日本男性のロリコン趣向
    • エロティック画像でメイクマネー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元米軍兵が【ビール】を使って町おこし
    • 幽霊、大人にならない老人の軽小説。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』