>   > 【創価学会員】必携!賛否両論の学会関連書籍
第1特集
タブー破りの創価学会本

創価学会員なら一家に1冊!"称賛&嘲罵"な学会関連書籍

+お気に入りに追加

──創価学会にまつわる書籍は驚くほど多い。ここでは、数多ある学会関連書籍から、現場学会員が「読むべき良書」と「反学会本を、どのように読み解いているか」を赤裸々に語ってもらった──。

[座談会出席者]
A...いわゆる学会二世の40歳。10代の頃はあまり熱心でなかったが、学生時代に先輩の激励で発心。日蓮大聖人をひもとく書籍が好き。
B...学生時代に友人の紹介で入信した37歳。20代の頃は折伏活動に精を出したが、現在は仕事優先の毎日。反学会本を常にマークしている。
C...学会二世の27歳。信心に目覚めたのは、現在の婚約者が熱心だったから。学会関連本は、アンチから池田先生の名著まで、幅広く読んでいる。


A 今回は現場の学会員が解説する学会関連本という企画なんだけど、まず紹介したいのは『人間 池田大作 私の見た素顔』【1】。著者の木村恵子氏は学会員でもないのに、池田先生のドキュメント番組『人間 池田大作』を制作した人物だ。

B 周囲の反発を受けつつも、番組を作っていくうちに池田先生の人柄に触れていく内容だけど、そんなに反発が多かったとは(苦笑)。その先生の素顔が散見できるのが、学会員は誰でも読んでいる『池田大作の軌跡Ⅱ 平和と文化の大城』【2】だ。

C 月刊誌「潮」(潮出版社)に連載された、ルポルタージュとなっている。1974年あたりから水俣病の患者たちを激励したり、戸田城聖第2代創価学会会長の会社の資金難を乗り越えるため、埼玉県まで借金の申し入れに行くなど、現在の学会の礎を築いた内容が心に響く。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年6月号

オトナの写真学

オトナの写真学

忍野さら"暗室"グラビア

忍野さら
    • 【忍野さら】の危険な部分にレンズが迫る

インタビュー

連載

    • 【日向カリーナ】筑前煮が好きなんです。
    • 【優木まおみ】アイドルから教わる初心
    • 【原あや香】モグラ女子の謎の習慣
    • パラリンピック1964-2020
    • 【彩芽】とスキャンダル
    • 漫画村が開けた「ブロッキング」のヤバさ
    • 高須基仁の「全摘」
    • 異様な空気が高揚を促す【奇祭】
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【ミシェル・ンデゲオチェロ】丸刈り才女の面目躍如
    • 【森友文書改ざん】法務省が抱えた積年の恨み
    • 統合失調症や自閉症は【母親】のせい!?
    • 町山智浩/『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』正義のラケットで女生憎悪を打ち砕け!
    • 【フェイスブック】個人情報商用利用の問題点
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/燃える宇船
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ研究所」
    • 【星野源】ドラえもんの歌詞の妙技
    • ガンズ・アンド・ローゼズTシャツをめぐる裏話
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、性からの逃走に聖痕の闘争を。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』