>   > 【飯塚健】監督がアンチに反論!

──構想に3~4年の月日を費やし製作されたという実写版『荒川アンダー ザ ブリッジ』【6】。7月クールで放送されたドラマで人気を集め、コミックの売れ行きも上がり、来年2月に公開される映画にも期待が高まっている。これまで、マンガ原作の実写化が軒並み"原作レイプ"と揶揄されてきた中、特に難しい"ギャグマンガ"の実写化に挑んだ飯塚健監督に、マンガ原作映画のメリットとデメリットを教えてもらった──。

1112_iiduka.jpg
(写真/田中まこと)

──本作は、カッパの着ぐるみの村長を小栗旬、星のマスクをかぶったロック歌手を山田孝之と、かなりぶっ飛んだ配役です。これは、原作からのインスパイアなんですか?

飯塚 いいえ、最初は誰かをイメージして描いた脚本ではなかったんです。ただ、脚本を読んで、すごいキャストが集まってきてくれましたからね。結構なプレッシャーはありましたよ。裏話を話すと、ドラマは実は後付け。「映画の壮大な予告編として作ろう!」と盛り上がったのですが、制作費もスケジュールも当初の映画の範囲内に収めなければならず。正直、大変でした。ただ、原作の発売元であるスクウェア・エニックスのプロデューサーが、「ドラマの効果でコミックスの売り上げも上がった」と喜んでくれた。さらに、原作も「ヤングガンガン」誌上の人気ランキングでトップに立てました。ドラマから原作に興味を持ってくれた人も多かったようですね。実写化するからには、原作にメリットをもたらせたのはうれしいことです。映画でもそうです。制作費が億単位でかかるものですから、出してくれた企業に損はさせたくない。僕らは新しい『荒川アンダー ザ ブリッジ』を作りつつ、ビジネスでも潤いをもたらさなければなりません。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1別れる前のハワイ旅行はお約束? ZOZOTOWN社長にポイ捨てされた紗栄子、社長夫人の夢敗れたり!?2016.7.18
  2. 2『もののけ姫』の石火矢衆は犬神人そのもの――祇園祭でも大活躍!中世賎民が担った役目2016.7.27
  3. 3【磯部涼/川崎】スケボーが創り出すもうひとつの川崎2016.7.28
  4. 4「餃子の王将」社長はなぜ射殺されたのか――同和問題に暴力団、行政の腐敗…京都社会の裏を描くブックガイド2016.7.28
  5. 5【旅行雑誌には載らない"京都"裏案内】そこには、“夢”があった――ANARCHYが誕生した向島団地の真実<前編>2016.7.18
  6. 6『笑点』という大輪の花は、テレビに適応できず死んだ噺家たちの屍の上に咲いている――幽霊、落語から落日のテレビを観る。2016.7.25
  7. 7かわいいだけじゃやっぱりダメ!? フジテレビ・細貝沙羅アナウンサー人事異動に見る女子アナに必要な資質2016.7.7
  8. 8京都における光と影──伝統を支えたのは在日朝鮮人? 京が誇る友禅染と西陣織の裏面史2016.7.27
  9. 9【ビートたけし不定期連載】あのホテルが舛添効果で「ホテル満月」に改称 !?  猪瀬直樹よ、お前が言うなっつーの2016.7.27
  10. 10【哲学入門】英国がEU離脱を選択した背景には「主権は国民のもとにあるべきだ」という主張が根強くある2016.7.27
サイゾープレミア

2016年8月号

サブカル化するテレビと芸人の命運

サブカル化するテレビと芸人の命運
    • 【テレビを殺す】のは一体ダレか?
    • 芸人は皆【最期の仕事】を選べない
    • 【ビートきよし】が語る"引退"

サメと現役JKのキケンな邂逅

サメと現役JKのキケンな邂逅
    • 夢アド【京佳ちゃん】サメと絡む

インタビュー

連載