>   > 北川昌弘が語る"アイドルドラマの底力"─...

──男装女子モノが注目を集める7月クールのアイドルドラマ。だが希代のアイドルウォッチャーが選んだ作品は、それらだけにとどまらない。実力派若手女優の力作や、下馬評がイマイチな人気アイドルの月9まで、"アイドル的視点"でオススメの新ドラマを語る──。

1108_2toku_kitagawa_ama.jpg
北川昌弘氏編集の『NIPPONアイドル探偵団フレッシュ'04』

 まず前段として、7月クールのドラマは、フジ『花ざかりの君たちへ』やTBS『美男ですね』に『桜蘭学園ホスト部』など、「アイドルの男装」をテーマにした作品が特徴的です。『AKBINGO!』(日テレ)の「DANSO甲子園」のように、"アイドルの男装"はアイドルファンとしてアリだと思いますが、これをドラマのテーマとする場合にはやや弱い。なぜなら、この手のドラマは大抵、イケメン男性たちが数多く出演するため、どうしてもそちらが注目されがちです。しかし、イケメンブームは頭打ちという印象があり、大ヒットするのは難しいように思います。

  そのようなドラマとは対照的に、満島ひかりが主演に抜擢された『それでも、生きてゆく』【1】は、純粋な女優の演技力で期待をしています。これまでの満島は、映画『愛のむきだし』や『カケラ』、テレ東のドラマ『モテキ』やNHK『おひさま』で確かな演技力を見せ、今一番勢いのある女優。特にパンチラやベッドシーンが目立った『愛のむきだし』では、「私で勃起してください」とぶっ飛んだコメントをするなど、単なるアイドル女優ではない何かを感じさせてくれたのは印象に残っています。


ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年8月号

大人のための「エロ」読本

大人のための「エロ」読本

チラリと見える和モノ写真進化考

チラリと見える和モノ写真進化考
    • 椿原愛「和製ミランダ・カーのチラリズム」

インタビュー

連載

    • 【RaMu】母を沖縄に連れて行きたいんです。
    • ハワイのボンダンスとフクシマオンドの故郷(後編)
    • 話題のユニット【PKCZ】独占インタビュー
    • 【岡田結実】RADWIMPSの歌詞に心打たれる
    • 不定期連載「東京五輪1964-2020」
    • 【渡辺麻友】は、AKBを卒業しまゆゆー!
    • 【日本人エンジニア】の未来と弱点
    • 高須基仁の「全摘」
    • 門外不出のトークショー【名倉潤】のテレビへの愛
    • 【喧嘩祭り】が根絶されない理由
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【TLC】史上最強の女性グループ15年ぶりの最終作
    • 【金塊強盗多発】に見る「警備会社」の歴史
    • 精神錯乱を【マラリヤ感染】で治癒せよ
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 【水道民営化】の目的は老朽化対策か海外事業参入か?
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/上からマユコ
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ハッピー・マニア】が変えた日本人女性の結婚観
    • SNSでやりとりされるエロ写真や動画の真実
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』