サイゾーpremium  > 特集2  > 菅野大輔が選ぶ"実験的イケメンドラマ"─...
1108_2toku_fukuda.jpg
主演では数字が取れないといわれてきた福田沙紀。オスカー的チャレンジ精神で、ベタな男装ドラマにカウンターパンチを入れられるか?

独自の視点でテレビ番組に斬り込むテレビ情報誌「TV Bros.」(東京ニュース通信社)の編集長であり、大のK-POP&韓流イケメンファン(!)という菅野大輔氏に、"イケメン"が出演するオススメの夏ドラマを聞いた──。

 予算を抑える傾向があるという7月クールにおいて、ちょうど夏休み中で学生もドラマを観る時期ですし、学校とか教室のセットだけで撮影できる"学園モノ"は他クールに比べて増える傾向にあります。それに、予算がないからこそ、新人が大量投入されたり、実験的なことができたりもする。今クールはそうした傾向を強く引き継いだラインナップ、といった印象ですね。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ