>   > ノンフィクションに「先生」は要らない! ...
第1特集
ノンフィクション、その禁忌性と未来【2】

ノンフィクションに「先生」は要らない! 若手作家の前途に立ちはだかる大御所の弊害と"資金難"

+お気に入りに追加

──当特集【1】内でも述べてきた通り、若い書き手を取り巻く状況は、決して良好とは言い難い。ここでは、立ちはだかる壁への声をピックアップしてみる。

1107_amanon2.jpg
佐藤優氏編集による『現代プレミア ノンフィクションと教養』

「もともとノンフィクションは、『高名な作家が書けば売れる』という世界とは違う、泥水の世界なんですよ。ネタありきだし、体を張っていろんなところに行く必要があるし、ただ書いただけじゃ受けないから、文章を鍛えなきゃならない。編集者は、作家にも厳しくしなくちゃならない。それがいつの間にか『先生、先生』という世界になってきた」と嘆くのは、大手版元の雑誌編集者だ。

 これまでノンフィクション作品は、まずは月刊誌や週刊誌で連載して単行本化、うまくいけば文庫化、というルートで出版されてきた。となると必然的に、その全てを備える大手出版社が最も強いということになる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載