>   > 第3次「3Dブーム」が到来──でも、今回...

──ハリウッド大作からアダルトビデオまで、「3D」がブームとなっている。家電量販店にも3Dテレビが鎮座しているが、しかしまだまだ発展途上の分野。そこで、そもそも「3D映像」とはなんなのかを解説しつつ、魅力的な3D作品の魅力に迫りたい。

1104_mihiro.jpg
↑画像をクリックすると拡大します。(写真/チャニ・キム)

 2009年末に公開され、史上最高の世界興行収入約2280億円を叩き出した映画『アバター』などをきっかけに火がついた3Dブーム。11年に入っても、『ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2』など、洋画を中心に3D大作が目白押しだ。片や家電メーカー各社は、3Dテレビの開発・販売競争に躍起。3D対応の携帯型ゲーム機「ニンテンドー3DS」(任天堂)も鳴り物入りで市場に投入された。ブームが完全に定着するか否かは、業界と消費者の今年の動向次第、という状況だ。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年4月号

悪法の研究――正義と法の歴史学

悪法の研究――正義と法の歴史学
    • 歴史で見る【悪法】のトリセツ
    • 【悪法】は司法でどう扱われるか?
    • 【悪法】誕生のカラクリ
    • 【法哲学者】が語る悪法対処法
    • 【刑法改正】は穴だらけ?

片岡沙耶と考える下着デザイン事情

片岡沙耶と考える下着デザイン事情
    • 男は知らない【下着事情】

連載