>   >   > 『スーパーモーニング』の「サンデー毎日」...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第64回

『スーパーモーニング』の「サンデー毎日」山田編集長君はまるで南極2号だ!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1102_takasu.jpg
12月下旬に行われた、警察ジャーナリスト・黒木昭雄さんのお別れ会。そこで、このページでも何度も批判してきた元「サンデー毎日」編集長・鳥越俊太郎と遭遇。席が席だけに、今日だけは休戦、鳥越はテレビで鍛えた「営業スマイル」で握手を求めてきた。キャスターを目指すなら、山田にも、これくらいのしたたかさが必要だろう。

 週刊誌の編集長、とりわけ新聞系週刊誌の編集長がテレビに出るということについて、私は間違っているとは思わない。週刊誌の編集長の余命は決まっている。10年以上もできるわけがない。編集長職を終えたあと、どうするか。役員になるか、編集委員になるか。

 いずれにしろ、老兵は去るのみといったイメージである。

 身の振り方の一つとして、キャスターへの転身も認めざるを得ない。事実、「朝日ジャーナル」の編集長を務めていた筑紫哲也さんは、キャスターに転身し成功した。鳥越俊太郎は毎日新聞社を辞めるときに「毎日新聞の社長になれないなら、テレビキャスターだ」と豪語した。そういう生き方もあるだろう。

「週刊朝日」編集長の山口一臣は、初めに朝日新聞社のCS局朝日ニュースターの番組に出演し、テレビというものを瀬踏みをしてから、テレビ朝日の『スーパーモーニング』のコメンテーターとなった。朝日という看板のもと、校了後の次号発売直前の毎週金曜日に限定して出演しているあたり、「週刊朝日」の広告塔になろうという志が見て取れる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

サイゾープレミア

2017年2月号

過激な「マンガ」読本

過激な「マンガ」読本

"経済予測記事"はなぜハズれるのか?

    • 【経済予測記事】はご都合主義?
    • 経済学者が語る【金融緩和バトル】
    • 経済誌【制作の舞台裏】

カルチャー化する"メンヘラ"の謎

カルチャー化する
    • 【青山ひかる】が病みかわコス!
    • カジュアル化する【病み】
    • 【松永天馬】が語るメンヘラ

インタビュー

連載

    • 【平嶋夏海】もう少し遊びたかったんです。
    • 【山崎真実】Dカップの無為自然
    • MoeにKoiする5秒前
    • 大統領選を揺るがした【フェイクニュース】
    • 迫りくる教育の【2020年問題】
    • 高須基仁の「全摘」
    • 人はなぜ【忘年会】を開くのか?
    • 南米のマツリ・ダンス文化
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 月刊カルチャー時評/『真田丸』
    • 【ア・トライブ・コールド・クエスト】黒人音楽の常識を変えた!
    • 【恒例運転者事故続発】誤ったイメージ醸成の理由
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」
    • 『男子の生き様』俳優・宮城紘大
    • 増える依存症と経営赤字【カジノ法案】の真実
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/プーチン最強伝説
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【紙の月】女の正義は状況や気分によって容易に更新される
    • 磯部涼の「川崎」
    • アメリカにはない【日本のSM】
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」
    • 花くまゆうさくの「カストリ漫報」