>   >   > 『スーパーモーニング』の「サンデー毎日」...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第64回

『スーパーモーニング』の「サンデー毎日」山田編集長君はまるで南極2号だ!

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その放言癖はいまだ健在だ。

1102_takasu.jpg
12月下旬に行われた、警察ジャーナリスト・黒木昭雄さんのお別れ会。そこで、このページでも何度も批判してきた元「サンデー毎日」編集長・鳥越俊太郎と遭遇。席が席だけに、今日だけは休戦、鳥越はテレビで鍛えた「営業スマイル」で握手を求めてきた。キャスターを目指すなら、山田にも、これくらいのしたたかさが必要だろう。

 週刊誌の編集長、とりわけ新聞系週刊誌の編集長がテレビに出るということについて、私は間違っているとは思わない。週刊誌の編集長の余命は決まっている。10年以上もできるわけがない。編集長職を終えたあと、どうするか。役員になるか、編集委員になるか。

 いずれにしろ、老兵は去るのみといったイメージである。

 身の振り方の一つとして、キャスターへの転身も認めざるを得ない。事実、「朝日ジャーナル」の編集長を務めていた筑紫哲也さんは、キャスターに転身し成功した。鳥越俊太郎は毎日新聞社を辞めるときに「毎日新聞の社長になれないなら、テレビキャスターだ」と豪語した。そういう生き方もあるだろう。

「週刊朝日」編集長の山口一臣は、初めに朝日新聞社のCS局朝日ニュースターの番組に出演し、テレビというものを瀬踏みをしてから、テレビ朝日の『スーパーモーニング』のコメンテーターとなった。朝日という看板のもと、校了後の次号発売直前の毎週金曜日に限定して出演しているあたり、「週刊朝日」の広告塔になろうという志が見て取れる。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2018年3月号

ヤバい!雑誌50!!

ヤバい!雑誌50!!
    • 反逆の【若手雑誌編集者】座談会
    • 【海外音楽雑誌】の"裏シノギ"
    • 雑誌が激写した【タブーな1枚】
    • 【下着モデル】グラビア初登場
    • 芸能週刊誌の【バーニング】忖度報道
    • 【芸能マネ】が戦々恐々する9誌
    • 大企業の【企業広報誌】クロニクル
    • 【丁寧な暮らし】雑誌の実と虚
    • ライフスタイル誌【1週間】妄想
    • 【バブル期】の雑誌は何を残したか?
    • 【dマガジン】が雑誌に与えた衝撃
    • 【dマガジン】セクシー写真の基準
    • 【TIME】も買収!アメリカ雑誌の今
    • 【週刊誌記者】違法スレスレの取材
    • 密着【週刊誌記者】の1週間
    • 【クリッピング】から見る雑誌の今
    • 【精神科専門誌】の怪しい魅力
    • 【処方薬】のキケンな広告たち

SKE48・惣田紗莉渚の「うらばなし」秘蔵写真

SKE48・惣田紗莉渚の「うらばなし」秘蔵写真
    • 【SKE48・惣田紗莉渚】未公開セクシーショット

NEWS SOURCE

    • 【小室と小泉】不倫報道を繋ぐ点と線
    • 【新聞業界】の働き方改革とは?
    • 【卓球プロリーグ】を阻む利権

インタビュー

    • 【岡本夏実】大躍進する元おはガール
    • 【ゆんぼだんぷ】「細かすぎて」から世界へ!
    • 【SUSHIBOYS】ハイセンスなサイタマノラッパー

連載

    • マルサの女/【園都】
    • 【モトーラ世理奈】嵐にドハマりしてます
    • 【片岡沙耶】下乳Angelが光臨
    • 山本晋也監督が語る五輪と映画
    • 愛のままにわがままに僕は【杏果】だけを傷つけないビットコインを安全に使うのに必要なこと
    • 高須基仁の「全摘」
    • 【水道橋博士】が見せたトークの星座
    • 伝統芸が【EXILE】とコラボ
    • 哲学者・萱野稔人の「"超"哲学入門」
    • 【エクスケイプ】90年代魂を伝える女たち
    • 【淫行勧誘罪】無修正AVはなぜ違法なのか?
    • 【ドパミン仮説】統合失調症の虚実
    • 町山智浩の「映画でわかる アメリカがわかる」/『ザ・シークレットマン』
    • 安全保障に役立たない史上最高額の【防衛費】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 「念力事報」/AIスピーカー未来予想図
    • ジャングルポケットの「アダルトジャングル探検録」
    • 【ダークナイト】語りおじさんとミソジニー
    • アッシュ・ハドソンの「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 幽霊、文春砲暴発の荒野で屍を漁る。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』