サイゾーpremium  > 連載  > 高須基仁の「わたしは貝になりたい」  > 尿漏れの香りの岩井志麻子、 中村うさぎら...
連載
高須基仁の暴言・放言・妄言録 私は貝になりたい 第65回

尿漏れの香りの岩井志麻子、 中村うさぎらに代わるのは、 あの匂い漂うマツコと......

+お気に入りに追加

「しゃべるな!」と言われたことを、あちこちでしゃべりまくり、命まで狙われたこともあるというタカス。周囲から怒られる度に「貝になる」と誓うのだが、その方言癖はいまだ健在だ。

 TOKYO MX『5時に夢中!』という番組が一部で人気である。そこに出演している中心的なコメンテーターが、岩井志麻子、中村うさぎ、中瀬ゆかりだ。

1102_takasu.jpg
1月8日、私が実行委員長を務める「第1回萌えクィーンコンテスト」が秋葉原で開催された。約1500名のファンが集い大盛況。ふだんは熟女専門で若い子にはあまり興味がない私だが、この日はかなり萌えたよ。彼女たちからは、加齢臭がまったくしなかったな。

 この3人がなぜ上がってきたか。彼女たちの回路は同じだ。岩井は借金と男狂いをカムアウトし、中村も借金と整形、エロ談義。中瀬は個人のセックスについてはあまり語らないが、ダメ夫と金銭について語る。

 岩井は、以前は貧乏神がついているようなしわくちゃババアだったが、整形か食生活が良くなったのか、むっちりふっくらしてよくなった。と同時に、徳光和夫さんや逸見政孝さんの息子さんといった二世をテコにして上がった。

 中村はかつて私が主宰するロフトプラスワンのイベントにひとりでやって来たことがあったが、整形の具合があまりよくなかったので出演を断った。ポツンと寂しそうにしていたが、今でも怒っているだろうな。彼女も整形してふっくらしてよくなった。デジタル放送でアップをよく見ると、化粧の塗り方は、はっきりいって化け物だが。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年11月号

間違いだらけの10代ビジネス

間違いだらけの10代ビジネス

映画界の伝説・角川春樹を再研究!

映画界の伝説・角川春樹を再研究!
    • 【角川春樹】映画界の生きる伝説
    • 【角川映画】日本映画史をつくった5本

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ