>   > ECD──働くこともヒップホップである!...
第2特集
ミュージシャンが「音楽で食う」方法【4】

ECD──働くこともヒップホップである! "貧困"と"労働"のリアリズムを歌うラッパー

+お気に入りに追加

1101_ecd.jpg
(写真/早船ケン)

──日本語ラップの一時代を築き、かつてはエイベックスに所属していたECDこと石田義則。そうした過去に比すと、貧しく見える現在の彼の生活はしかし、とてつもなく"リアル"だ。

「働けECD」というブログが面白い。書き手はベテラン・ラッパー、ECDの妻である写真家・植本一子なのだが、日記とともに家計簿が公表されているのだ。プロフィール欄には、"ECDの月給(アルバイト)は固定給16万、その他ラッパーとしての副収入少々。家賃は11万。これまで生活してこれたのが不思議でしょうがない"とある。植本は現在、子育てのためほとんど働けていないというので、生活はかなり苦しいだろう。しかし、24歳も離れた夫婦が懸命に節約し、やり繰りするさまは、生き生きとして見える。ちなみに、ECD本人は「今日の残高」という貯金残高を公表するブログもやっているし、「残高ゼロ」という曲もある。ヒップホップにおいては"マネー"と"リアル"は2大重要テーマであるが、貧困こそがリアルなのだと、昭和35年生まれのラッパーは言う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミア

2017年6月号

「教育勅語」とはなんだったのか?

「教育勅語」とはなんだったのか?
    • 【教育勅語】の歴史学
    • 【教育勅語】と天皇
    • 【教育勅語】口語訳全文

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」

三上悠亜が語る「アイドルの終焉」
    • 三上悠亜「アイドルになりたかった」

インタビュー

連載