>   > ECD──働くこともヒップホップである!...
第2特集
ミュージシャンが「音楽で食う」方法【4】

ECD──働くこともヒップホップである! "貧困"と"労働"のリアリズムを歌うラッパー

+お気に入りに追加

1101_ecd.jpg
(写真/早船ケン)

──日本語ラップの一時代を築き、かつてはエイベックスに所属していたECDこと石田義則。そうした過去に比すと、貧しく見える現在の彼の生活はしかし、とてつもなく"リアル"だ。

「働けECD」というブログが面白い。書き手はベテラン・ラッパー、ECDの妻である写真家・植本一子なのだが、日記とともに家計簿が公表されているのだ。プロフィール欄には、"ECDの月給(アルバイト)は固定給16万、その他ラッパーとしての副収入少々。家賃は11万。これまで生活してこれたのが不思議でしょうがない"とある。植本は現在、子育てのためほとんど働けていないというので、生活はかなり苦しいだろう。しかし、24歳も離れた夫婦が懸命に節約し、やり繰りするさまは、生き生きとして見える。ちなみに、ECD本人は「今日の残高」という貯金残高を公表するブログもやっているし、「残高ゼロ」という曲もある。ヒップホップにおいては"マネー"と"リアル"は2大重要テーマであるが、貧困こそがリアルなのだと、昭和35年生まれのラッパーは言う。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

人気記事ランキング
  1. 1羽生結弦の「目指している世界」を考えてみた/スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権2017.2.23
  2. 2三原舞依の伸びしろ、オズモンドの完成度と危うさ…スケオタエッセイスト・高山真が見た四大陸選手権(女子編)2017.2.21
  3. 3羽生結弦、宇野昌磨、ネイサン・チェン…フィギュアスケートのグランプリファイナルに見た、「進化」と「狙い」とは2016.12.12
  4. 4女帝化する指原莉乃、噂される京楽の離脱…AKB最新ウラ事情2017.2.17
  5. 5菅田将暉になくて、伊野尾慧にあるものとは? 雑誌を占拠するジャニーズ、被写体としての実力を問う!2017.2.24
  6. 6美人度は政治家にとって必要か? 政策よりも資質と裏の顔を表す! グラビアとしての政治家公式写真2017.2.17
  7. 7“フォーマット”を踏襲しているだけ!? 篠山紀信は本当にスゴいのか? グラビアカメラマンの写真的功罪2017.2.22
  8. 8フォーマットの発明者【篠山紀信】から革新者まで――有名グラビアカメラマンの基礎知識2017.2.22
  9. 9小倉優子はベッド撮影がNGだった!水着が過激化したのは小池栄子のおかげ?下乳もM字開脚もNG!グラビアタブーの正体2017.2.21
  10. 10未成年との淫行疑惑で活動自粛中の【狩野英孝】に違法賭博疑惑も浮上か!?2017.2.6
サイゾープレミア

2017年3月号

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

連載