>   > 「電撃萌王」──安直な萌えブームに苦言を...
専門"マンガ誌"の編集長が選ぶ、このマンガ家がスゴい!【6】

「電撃萌王」──安直な萌えブームに苦言を呈すご意見番

+お気に入りに追加

0811_demgekimoeou.jpg

「電撃萌王」
斎藤康夫編集長
アスキー・メディアワークス/隔月26日発売/980円/発行部数5万部/02年3月に季刊誌として創刊され、06年6月に隔月化。マンガのほかイラストコーナーも充実した最先端「萌え」専門誌。

 02年の創刊当時、「萌え」という言葉は一般的でなく、「電撃萌王」という誌名も冗談交じりで生まれたのですが、ご存知の通り「萌え」はあっという間に広まりました。結果、あらゆるマンガ誌に可愛い女の子が登場し、多くの作品がメディアミックス化されるようになったのですが......「電撃」はそれだけではなく、人気作家のオリジナルキャラクターに出会えるのが特徴です。ただ、これらは1枚のイラストからキャラクターの設定を脳内補完する必要もあるので、かなりの萌え通でないと戸惑うかもしれませんが。


サイゾープレミア

2017年3月号

グラビア写真学

グラビア写真学

ジリ貧ラジオが今背負うもの

ジリ貧ラジオが今背負うもの
    • 今【ラジオ】が"本番"な理由
    • 【星野源】が伊集院光を倒す日
    • 過激な【深夜お笑い番組】
    • ニッポン放送【女性アナ】カレンダー
    • 【音楽番組】は"事故"の宝庫
    • 【書き起こし】で広がるラジオの輪

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ

AVと女性の性欲、そしてポルノグラフィ
    • 【腐女子】熟女セクシー女優×政治学者

インタビュー

連載