サイゾーpremium  > 連載  > 神保哲生×宮台真司「マル激 TALK ON DEMAND」  > 「マル激 TALK ON DEMAND」【157】/【薬物事件】をめぐる刑罰と報道の問題点
連載
「マル激 TALK ON DEMAND」【157】

【神保哲生×宮台真司×松本俊彦】薬物事件をめぐる刑罰と報道の問題点

+お気に入りに追加

――ビデオジャーナリストと社会学者が紡ぐ、ネットの新境地

2002_yakubutuizon_200.jpg
『薬物依存症』(ちくま新書)

[今月のゲスト]
松本俊彦[国立精神・神経医療研究センター薬物依存研究部部長]

――著名人による違法薬物事件が相次いで世間をにぎわせている。無論、違法薬物は違法である以上、取り締まりは必要だ。だが、薬物依存症の治療に取り組む松本俊彦氏は、薬物依存症は治療が必要な病気だが、日本では社会のスティグマがあまりにも強いため、薬物に手を出した人間はおのずと社会から排除されることになると警鐘を鳴らす――。

神保 今回のテーマは薬物問題です。有名人の逮捕が相次いでいますが、僕がアメリカのオピオイド問題を取材していることもあって、社会のリアクションやメディアの報道も含めて、一度薬物と依存症の問題をきちんと整理しておきたいと思います。

宮台 特にテレビなどで、例えば痴漢や万引きなども含め、「依存症」という概念がさまざまなものに適用でき、非犯罪化して治療の対象にすることが社会にとっては効用が高い、という議論はずいぶんされています。しかし、なぜか薬物関連についてはそれに矛盾するような動きが続いているのが不思議です。

神保 そのあたりも考えたく、国立精神・神経医療研究センター精神保健研究所薬物依存研究部部長の松本俊彦さんをゲストにお招きしました。まず、「依存」という言葉は日常的に使われますが、そもそも「依存症」とはどういうことを指しているのでしょうか?

松本 難しいところですが、自分の中で「大事なものランキング」がありますね。その順番が狂ってしまい、例えば薬物が一番上に来て、本来歩むべき道から外れたり、大事な人を裏切ってしまうなど、価値観の転倒が起きるのが依存症だと、僕は考えています。

神保 依存の対象によっては問題になる場合もありますが、依存自体は悪いことではなく、中立的な言葉ですね。

松本 そうです。例えば、仕事が終わった後にお酒を適度に飲み、リフレッシュしてまた翌日から仕事をがんばっている、という人はたくさんいる。これは、お酒に健康的に依存しているということです。しかし、アルコール依存症になると、飲酒をやめられず仕事に行けなくなったりする。これはうまく依存できていないということで、それが依存症だという言い方をしてもいいかもしれません。

 もともと「依存」という言葉は、「アル中」や「アディクト」など侮蔑的な言葉を医学的な概念にしようということで生まれたものです。当初は、「依存物質」を繰り返し使っていると、同じ効果を得るのに必要な量が多くなっていき、急にやめると離脱症状が出るようだ……ということに注目し、「依存」という言葉を引っ張ってきた経緯があります。しかし、身体的依存は、現在の考え方ではそれ自体が病的なことではなく、むしろ中枢神経に作用する物質を投与した生体の正常な反応なんです。例えば、誰でもお酒を飲んでいれば前より強くなるし、コーヒーの眠気覚ましもだんだん効き目が薄くなるでしょう。

 むしろ問題なのは、身体的なものより、精神依存だということです。ただ、それがなんらかの行動への依存の場合、耐性や離脱というものがはっきりせず、それを「依存症」とするのは変じゃないか、ということで「嗜癖行動」などと言われています。

宮台 痴漢や万引きが「嗜癖」だという場合に、治療に際して「逆条件付け」をしようとしますね。例えば、満員電車に乗ること自体が痴漢のトリガーになってしまうなら、そこに接触しないようにする。治療にかかわっている方の多くが、そのような条件付けは脳の問題であり、意志の力でなんとかなる問題ではないのだと言う。そこで「精神依存」という言い方がどれくらい正しいのかと。

松本 よく言われる「意志が弱い」というのは成り立たないと思います。精神依存の根拠と現時点で言われているのは、脳のドーパミン作動性の報酬系ですが、そこにダイレクトに効く薬がないので、仕方がなく心理療法で対処している、というのが依存治療の現状です。

神保 例えば大声で歌うと本当にスッキリします。これと薬物による快感は違うものでしょうか?

松本 おそらく違いません。それでは何をもって精神依存という病的な現象として捉えられるかというと、これはもう医学をはみ出していて、社会が「いただけない」と思っているものを渇望してしまうかどうか。そういう意味では、この「依存症」という病気自体が、社会の価値観に左右されてしまう、純粋な医学的な概念とは言えない面があります。

国によって異なる「麻薬」の定義

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2020年3月号

バンクシー&現代(危)アート

バンクシー&現代(危)アート
    • 【バンクシー】の矛先と日本
    • バンクシーと【パルコ】の関係
    • 社会を斬る【次世代アーティスト】
    • 【石川真澄×くっきー!】異端美術対談
    • レン・ハン自殺後の【中国写真】
    • 【舐達麻】が吐くラップとタトゥー
    • 【刀剣乱舞】狂騒曲
    • 芸術なのか?【AIアート】の真贋
    • AI推進国【韓国】のAIアート
    • 【高山明×中島岳史】「不自由展」圧力と希望
    • あいトリをめぐる【政治家たち】
    • 【書肆ゲンシシャ】が選ぶ(奇)写真集
    • 【天皇肖像】の含意とアート群
    • 【美術展ビジネス】に群がる既得権益
    • 現代アートの今がわかる書籍群

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア

池田ショコラ、甘くて苦いオトナグラビア
    • 【池田ショコラ】大人に脱皮

NEWS SOURCE

インタビュー

連載

    • 表紙/都丸紗也華「このへんで跳ねたいんです」
    • 【ぴーぴる】天真爛漫娘の現代っ子放談
    • 必ず最後に【杏】は勝つ
    • 【ベビーテック】の伝道師が語る普及の道
    • 【萱野稔人】"殴り合い"はなぜ人間的なのか
    • 【イズム】が蘇る2020年の音頭
    • 米発【ミートテック】が狙う中国人の胃袋
    • 【丸屋九兵衛】アンバーを語る
    • 【町山智浩】「スキャンダル」TV局トップのセクハラを暴け!
    • 世界の左派が掲げる【反緊縮経済政策】
    • 小原真史の「写真時評」
    • 笹 公人「念力事報」/令和のマスク騒動
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/「So kakkoii 宇宙」小沢健二の鎮魂歌
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 震災をきっかけに浸透した「んだ」のビール
    • 更科修一郎/幽霊、雑誌もまた老いて死んでいく。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』