サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【53】/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【53】

技術がAVとアダルトゲームを接続する――幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1910_sarashina_200.jpg
本橋信宏の『全裸監督』原作本と共に読んでおきたいが、映像化で意識的に隠した要素なので、発表当時よりも読後感は悪い。

 Netflixの『全裸監督』が話題だが、80年代のアダルトビデオ(AV)の異様な雰囲気をリアルタイムで知っているのは、たぶん70年代中盤に生まれた筆者の世代が最後だと思う。とはいえ、87年の時点では小学生で、学校で村西とおると黒木香の物真似をしては教師に殴られていた。実際、「自己啓発にハマった片岡鶴太郎の代わりに出てきたブリーフ芸人枠のおっさん」という認識だったのだが、子どもでも知っているほどの時代の寵児だったからこそ、ドラマの企画も通ったのだろう。

 この頃、パソコンゲーム雑誌だった『コンプティーク』には「ちょっとエッチな福袋」というアダルトゲーム紹介の袋とじページがあり、AVも紹介されていた。どちらも似たような金主(半グレ)の出資で作っていたメディアだが、小沢奈美の単体デビュー作『好きよ!!キャプテン』の紹介写真が、バットを持った野球選手風なのに下半身は裸だったから、勃起よりも先に笑い転げたことを30年たっても覚えている。だいたい、タイトルからしてザ・リリーズの曲のパロディだ。『全裸監督』でも高校球児とバスガイドのAV撮影でバスを爆破する意味不明でキャッチーなシーンがあったが、バブルの波に乗って裏本や裏ビデオの暗さを払拭しようとしたら『ビートたけしのお笑いウルトラクイズ!!』と地続きになってしまった野放図で過剰な自由を筆者は面白がり、これこそがアダルトメディアだと勘違いした。そして、エロ自体にはそれほど思い入れもないのに、学生時代からエロ本界隈でライター仕事を始めていた。もっとも、その頃には村西監督が独立して作ったダイヤモンド映像は倒産し、古巣のクリスタル映像の窮地を救った飯島愛も2年でタレントへ転身するなど、『全裸監督』の自由すぎる時代、エロが儲かる時代は終わっていた。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年12月号