サイゾーpremium  > ニュース  > 社会  > 首相官邸が猛反発!映画【新聞記者】は野党の選挙工作か?
ニュース
官邸と内調に真っ向から挑む問題作

首相官邸が猛反発!映画【新聞記者】は野党の選挙工作か?

+お気に入りに追加

ウワサの新聞記者が暴く報道の裏

モリカケ問題を手がけ、前川喜平文部科学省前事務次官や準強姦被害を訴えたジャーナリスト伊藤詩織氏へのインタビュー、さらには会見で菅官房長官に質問を繰り返したことにより、話題となった東京新聞の望月衣塑子記者。彼女の著作が映画化され、一部で話題になっている。だがハレーションも多く……。

1907_P020-021_img02_320.jpg
映画『新聞記者』のポスター。

 首相官邸の“謀”を暴くため果敢に立ち向かう、新聞記者の葛藤を描いた衝撃の問題作――。そんな触れ込みの映画が6月28日、ついに封切られる。その名もズバリ、『新聞記者』【1】だ。映画誌編集者が語る。

「韓国の若手トップ女優シム・ウンギョンが演じる東都新聞の吉岡記者のもとに、大学の新設計画をめぐる極秘情報を知らせるファクスが届くところから映画は始まります。真相を探っていくと、官邸ぐるみのスキャンダルだったことがわかり、しかも、首相直属のスパイ組織ともいわれる内閣情報調査室(内調)の“工作”も浮上。関わった人物が自殺する場面も出てきます。まさに安倍晋三政権を揺るがせた、あの森友学園と加計学園の問題を彷彿とさせるストーリー展開。実際、財務省近畿財務局の現役職員が自殺していますから、実にリアルな内容に仕上がっています」

 官邸に歯向かう政敵のスキャンダルを“ねつ造”するよう命じられ、苦悩する内調スタッフを俳優・松坂桃李が好演するなど、見どころの多い同作品。詳しくは劇場でご覧いただくとして、波紋を呼んでいるのはほかでもない、映画の原案者が官邸や内調の“天敵”だからだ。大手紙政治部記者が言う。

「原案は同名の角川新書で、著者は東京新聞社会部の望月衣塑子記者です。彼女は、“令和おじさん”で国民的な話題をさらった官邸の主、菅義偉官房長官を相手に、記者会見で舌鋒鋭く質問する姿が永田町の風物詩になっている渦中の人です」

 実際、望月記者は原案の中で自ら行った官房長官会見に触れ、「最終的に会見時間は37分を超え、私は23回の質問を重ねていた。思いに駆られて夢中で聞いたら結果的にこうなった」と綴り、会見での質問そのものが官邸追及の手立てになっていると明かす。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年11月号

Netflix(禁)ガイド

Netflix(禁)ガイド