サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 「毎年恒例」各スポーツ紙の元日号スクープが寂しすぎる!
1901_beattakeshi.jpg『ビートたけしのオンナ論』(サイゾー)

 もはや毎年恒例になった元旦付の各スポーツ紙のスクープだが、主な各紙のスクープは以下の通りだった。

●スポーツニッポン
・ビートたけしが夫人と離婚調停中
・ナイナイ・岡村が一般女性と真剣交際

●日刊スポーツ
・サバンナ・高橋茂雄とPerfume・あ~ちゃんが破局

●スポーツ報知
・テレ朝・宇賀アナが退社でオスカープロ入り
・猪瀬直樹元東京都知事と女優・蜷川有紀が昨年末に結婚

●サンケイスポーツ
・女優・大和田美帆が離婚しシングルマザーに

●デイリースポーツ
・純烈・白川裕二郎が10年前に結婚

 ネームバリュー的には、たけしの離婚調停が最もビッグなスクープだったはず。しかし、3日付の他紙に対したけしの関係者は「調停うんぬんということはまったくありません」と否定。さらに、同日付のスポニチは「たけしさんが調停を申し立てた事実はありませんでした。おわびして訂正します」と訂正記事を出してしまった。

 話題性でいえば、昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』を盛り上げた純烈の白川の記事。各スポーツ紙によると、元日のイベントで白川は「結婚してました。10年前ではなく8年前です」とファンに報告したというのだ。

 各紙が総力を結集してのスクープに違いないが、以前に比べるとネタとしての大きさはかなり寂しい限りになってしまった。

「各紙は年末にかけてネタを集めていますが、女性誌や週刊誌のように金をかけられるわけでもなく、ある程度、忖度しなければいけないので、そう簡単に大きなネタは集まりません。正直、スクープを出しても掲載が売れるわけでもなく、もはやスクープを出すのは他紙へのアピール。各紙がYahoo!に記事を配信して、その収益をあてにしているのが現状。スクープ1本出すよりも。Yahoo!で思いっきりアクセスを取れる記事を書いた方が会社への貢献度が高いんです」(ベテラン芸能記者)

 とはいえ、元旦の1面といえばスポーツ紙の華。来年の元旦号での大スクープに期待したい。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年10月号

欲望のグラビア学

欲望のグラビア学
    • 【都丸紗也華】とタピオカのモード撮
    • 三代目JSB【ELLY】の七変化
    • 【西村歩乃果】TikToKのアイドルが魅せる
    • 【MC・DK】ヒップホップの筋肉美
    • 奇跡の三十路【森ニーナ】がB-GIRLに!
    • 【100センチバスト】がウケる理由
    • 【撮影会】の元祖は海女さんだった!?
    • 【#MeToo時代】の問うグラビアの是非
    • 【心霊写真】のグラビア的価値とは

大和田南那"青の衝撃"

大和田南那
    • 【大和田南那】20歳目前の美ボディ

NEWS SOURCE

    • 【サイゾー×Fresh!】グラドル発掘
    • 【ラウンドガール】圧巻の美脚!

インタビュー

    • 【中村里帆】──変顔が得意なCM美女
    • 【なみちえ】──藝大JDがラップする理由
    • 【DaichiYamamoto】──京都の新世代ラッパー

連載

    • 表紙/【北向珠夕】33歳に見られたんです。
    • なんとなく、【クリステル】
    • 【リクナビ】内定辞退率が法律違反以上にマズイわけ
    • 【萱野稔人】宇宙生物学と脳の機能から見る人間(前)
    • 高須基仁/年末にブレイクするのは【山里良太と稲垣吾郎】
    • 【盆踊り×SNS】の親和性
    • 世界最強の【麻雀AI】を生んだ中国人研究者
    • 【ライオネル・リッチー】の逆襲
    • 町山智浩/【アメリカン・ファクトリー】中国資本の米工場を追う
    • 【ラグビーW杯】醍醐味はブレークダウン
    • 小原真史「写真時評」
    • 五所純子「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/笑う全裸監督
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/【さよならミニスカート】を読む娘へ
    • アッシュ・ハドソン「アングラ見聞録」
    • 辛酸なめ子「佳子様偏愛採取録」義
    • ビールと人を作る!【ブルワーを育てるブルワー】
    • 更科修一郎/幽霊、箱の中で覗き込むエロと未来。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』