サイゾーpremium  > ニュース  > 芸能  > 佐々木希、甲子園・金足農業の快進撃で「中退」「中卒」情報の拡散被害に!?
ニュース
【サイゾー芸能ニュース】

佐々木希、甲子園・金足農業の快進撃で「中退」「中卒」情報の拡散被害に!?

+お気に入りに追加
1808_sasaki.jpg『かくしごと』(講談社)

 大阪桐蔭高に敗れ、惜しくも準優勝に終わったものの、甲子園での金足農業高の快進撃に秋田県は大盛り上がりとなった。

 同県出身タレントたちも興奮したようで、佐々木希や元・乃木坂46の生駒里奈、お笑い芸人のグランジ・佐藤大のコメントが各マスコミで取り上げられている。

 しかし、そのことで触れてほしくない過去を蒸し返されてしまったタレントがいた。

「佐々木希に関して、ネット上では『中退? 中卒?』という疑問が浮上しています。佐々木のインスタ投稿を報じた一部マスコミは、当初佐々木について『金足農業中退』と書いていたものの、後に削除。Wikipediaにも同様のプロフィールが載っていますが、そもそも入学していたのかは不明。仮に中退や中卒であってもなんら悪いわけではないのですが、削除されたことで“タブー過去”としてネット上に拡散されてしまったようですね」(芸能ライター)

 SNSでは、さらに尾ひれがつき、“中退理由”についても、さまざまな憶測が飛び交う始末。中には「梨を盗んで退学」といったトンデモ説まで見受けられた。

「地元にいた当時の金髪ギャル姿の写真が週刊誌に出回ったことから、佐々木は“元ヤン”だったというのが定説になっています。とりわけ有名な“最凶武勇伝”が『髪切りデスマッチ出場』というもの。地元の祭りの夜に行われる女同士のタイマン勝負で、殴る蹴るに加え、激しいつかみ合いのケンカに佐々木は勝利。負けた女の子は制裁として、みんなの前で髪を切られてしまったという話です。もちろん、マユツバですが」(芸能記者)

 地元高が決勝まで勝ち上がったことで、過去を蒸し返されてしまった佐々木。金足農の快進撃による、とんだ副産物だった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2021年2月号

“男性学”のススメ

“男性学”のススメ
    • 【男らしさ】イメージの変遷
    • 男性学(基)【ブックガイド】
    • 【キリスト教】の男性優位主義
    • 女子が萌える【ラップ男子】
    • コロナ禍で始動【Zoomgals】
    • サンドウィッチマン【男同士のケア】
    • 【青柳翔】が語る“男らしさ”
    • オトコが乗る【軽自動車】
    • 【マンガ・アニメ】の軽自動車
    • 【ジャニーズ】男性アイドル像
    • 時代錯誤な【ジェンダー観】
    • 【サザエさん】は有害か?
    • 『サザエさん』の【初回】
    • 【井田裕隆】に聞くAV男優像
    • ポルノ視聴と【男性性の劣化】の関係
    • おじさんの【フェイスブック】
    • 【フェイスブック運営】側とのズレ
    • 育児特化の【ベビーテック】
    • 5秒でわかる【ベビーテック】
    • 【自民党】に根付く男尊女卑

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ

「篠崎こころ」ラグジュアリーに魅せた麗しさ
    • 【篠崎こころ】召しませ #金髪ショー党

NEWS SOURCE

インタビュー

    • 【岡田結実】バラエティの人気者はエゴサで成果を感じる
    • 【STUTS】人気トラックメイカーがラップに初挑戦!
    • 【土井裕泰】TBSのエースディレクターの問題作に迫る

連載

    • 【あまつまりな】流れに身を任せちゃうんです。
    • 【グレイテスト・ラウンドガール】に新メンバー!
    • あの素晴らしい【恵美】をもう一度
    • 【コロナと不況】21年に生き残る術
    • 【萱野稔人】ソロ社会化とコミュニティの変化
    • ありがとう、【小松の親分さん】
    • ワクチンがつくる【コロナ後の世界】
    • 【丸屋九兵衛】ショーン・コネリーを語る
    • 【町山智浩】「ストレンジ・フィーリング」カトリックの洗脳とオナニー
    • 【コロナ対策論議】の根本的欠如
    • 「謎」と「静」で振り返る【2020年】
    • 【小原真史】の「写真時評」
    • 【笹 公人】「念力事報」鬼狩りの時代
    • 【稲田豊史】「妻が口をきいてくれません」圧巻の“胸クソ”読後感
    • 【辛酸なめ子】の「佳子様偏愛採取録」
    • 【本場仕込み】のビールが飲める“リビングルーム”
    • 【更科修一郎】幽霊、批評家は文化的背教者なのか。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』