サイゾーpremium  > 連載  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」  > 更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【39】/幽霊、女のいないポルノグラフィへ。
連載
更科修一郎の「批評なんてやめときな?」【39】

ピュアな「可愛い」へと逃避する文化――幽霊、女のいないポルノグラフィへ。

+お気に入りに追加

――ゼロ年代とジェノサイズの後に残ったのは、不愉快な荒野だった?生きながら葬られた〈元〉批評家が、墓の下から現代文化と批評界隈を覗き込む〈時代観察記〉

1808_sarashina_200.jpg
90年代はまだ、精巧に最適化された日常を構築する詐術が確立していなかったから、裏切りと糾弾される悲劇も多かった。

 先々月の本稿で♯metooの話をしたが、日本では早稲田大学で渡部直己のセクハラ事件が暴露された。しかし、弟子の市川真人による文壇内根回しが功を奏したのか、荒木経惟の件より早く鎮火しつつある。結果として、写真業界より文学業界のほうが海外の状況と乖離した村社会で、日本的なクローズド文化であればあるほど、♯metooの有用性も低くなることを証明している。

 実際、ウェブ上の大衆たちから、♯metooやポリティカル・コレクトネスは「フェミナチ」という蔑称で一緒くたに叩かれており、見事にバックラッシュが起きている。まあ、アメリカでは『大草原の小さな家』の原作者名を冠した児童文学賞「ローラ・インガルス・ワイルダー賞」が、先住民に対する差別的描写を指摘され、名称変更するなど、現在の価値観で過去の作品や人物を裁く無茶な歴史修正主義も加速しているから、日本での動きも単なるバックラッシュとは言い切れず、ナショナリズム的な文化防衛の発露という側面もなくはないのだが、ややこしいのはポリコレやフェミニズムの外圧から守ろうとしている現在進行系の日本文化の多くは本質的にポルノグラフィで、内部批判を許さないクローズド文化ということだ。

 現代日本のポルノグラフィの特徴は、80年代のロリコンブームと宮崎事件の内省を経て、極端なバーチャル化による非肉体主義へ至っていることだ。90年代に乙女ちっく少女マンガをサンプリングして構築された「可愛い」イデオロギーがテクノロジーの進化と結びついた結果、男の手で男の都合に最適化された二次元美少女を男が演じる虚構世界を構築している。ボーカロイドやVTuberはその最先端だが、現実離れした萌え系美少女キャラはあらゆるメディアに溢れ返っている。どうしてこうなった。

ログインして続きを読む
続きを読みたい方は...

Recommended by logly
サイゾープレミアム

2019年5月号

「情弱ビジネス」のカラクリ

「情弱ビジネス」のカラクリ
    • 【情弱】という言葉の変遷史
    • 【あなたにおすすめ】広告のカラクリ
    • 進化する【情報商材】の最新手口
    • 蔓延する【コンサル】の誘惑
    • 【携帯ショップ店員】ぶっちゃけ座談会
    • 女性たちを惑わす【化粧品】の情報戦
    • 【セレブ】たちのSNSビジネスの裏
    • 世界のお騒がせ【インフルエンサー】
    • 【カニエ・ウエスト】は情弱か?
    • 【裏稼業】と情弱の摂取構造
    • 【ソシャゲ】開発者が語る炎上の裏側
    • 統計目線で考える【占い】の真価
    • 【診断アプリ】の危険な手口
    • 【不動産投資】詐欺まがいの手口
    • 【消費者庁】は被害者を救えるか?

佐山彩香が挑む10年目の"新境地"

佐山彩香が挑む10年目の
    • 【佐山彩香】デビュー10周年グラビア

インタビュー

連載

    • 【都丸紗也華】キラキラ系が苦手なんです。
    • 【岸明日香】唐揚げの音で孤独を癒す
    • 【ラウンドガール】男を"オトす"必殺グラビア
    • いつか【ゴマキ】と朝帰りッ
    • 研究者が予言する【ロボット】の平等な未来
    • 高須基仁/追悼【内田裕也】
    • 【東京】に輸入される祭り文化
    • 【シリコンバレー】が中国ベンチャーをパクる日
    • 【ボブ・マーリー】米国人音楽市場の今
    • 町山智浩/【魂のゆくえ】腐敗した教会と牧師の闘争
    • 【経済統計】の不正と偽装で見えた日本経済
    • 小原真史の「写真時評」
    • 五所純子の「ドラッグ・フェミニズム」
    • 笹 公人「念力事報」/さよなら平成、ありがとう平成
    • おたけ・デニス上野・アントニーの「アダルトグッズ博物館」
    • 稲田豊史/男が期待するヒロイン像にはハマらない『キャプテン・マーベル』
    • 【白塗り店主】の変なバー
    • 辛酸なめ子の「佳子様偏愛採取録」
    • 元チューバ奏者の【チェコ人】が本場のピルスナーで勝負
    • 伊藤文學/【薔薇族】華々しき"摘発史"
    • 幽霊、過去を裁いて復讐する者たち。
    • 『花くまゆうさくの「カストリ漫報」』